2014年07月10日

「ファン・ハールつまんね」2014 FIFA ブラジルW杯 オランダvsアルゼンチン

ファン・ハールがいかにしてメッシを封じ込めるかを楽しみにしてたのに、こんなにも睡魔に苦しめられる戦いを見せられるとは思わなかった。

普通にデ・ヨングをメッシのマーカーにつけて、引いて守ってカウンター戦法だった。対するアルゼンチンもメッシとイグアインを残してカウンターなのでお互いににらめっこ状態。

前日の派手な花火大会とうってかわって地味な線香花火です。

まさか決勝トーナメントで、しかもオランダvsアルゼンチンというカードでこんなガチガチなサッカーを見せられるとは・・・。

確か、ファン・ペルシ、ロッベン、イグアイン、メッシ、アグエロといった豪華メンバーがいたはずだが・・・。

大迫、本田、香川、岡崎を並べて攻撃的にいこうなどと考えた俺たちは間違いだったのか?ファン・ハールに説教されるかも?と思っていたら彼もやらかした。

交代カードを3枚切っちゃったのでPK職人GKクルルを投入出来ず、そのままPK戦へ。

生涯一本もPKを止めたことがないというシレンセンが無抵抗のままにやられて終了。というかこの人本当にPK下手だなぁ。マキシ・ロドリゲスのキックを両手に当てながら後ろに逸らすというボーンヘッド。しかしアルゼンチンってW杯の舞台でPK戦異常に強いね。負けたことあるのだろうか?

こうして決勝はドイツvsアルゼンチンという1990年イタリア大会以来のカードに。

数々の奇策や戦術変更を行ってきたファン・ハールだが今回だけは完全に裏目でしたね。

3位決定戦がブラジルvsオランダですか?失意のブラジルを蹂躙するオランダが見られるのか?はたまたやっぱり5-3-2カウンターなのか?うーん、絶対後者だなぁ。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
徹底図解! 誰でもよくわかる サッカー戦術、フォーメーション事典 (LEVEL UP BOOK)
posted by dekasan at 22:04| Comment(0) | FIFA2014ブラジルW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

「No Pain No Gain」2014年W杯ブラジル 日本代表総括

とりあえず日本代表に文句のある奴は岩政のブログを読んで落ち着こう。

ブログのタイトルが『No Pain No Gain』痛みなくしては進めない。

まさに今回、与えられた痛みはこれから日本代表が進化するべきに必要なものだったのだ。

フラットに殴りあうぶんにはサンドニでフランス相手に勝つこともあるし、オランダやベルギー相手にいい試合も出来る。

だが、相手との相性、ピッチや気候などの環境、コンディション、どこかに欠点があると、ワールドカップに出てくるような相手クラスが日本のことを研究して対策を立てるとこういう結果になるということ。

惨敗とメディアは叩くだろうが、内容自体はそんなに酷くもない。一人の選手の突出した能力で点をとって勝ったチームもある。大久保を叩くわけではないが、二度あった決定機を決めていれば、どう転んでいたかはわからない。決めきれないのが日本だと言われるが、やり方次第で何とかなるのはコスタリカが証明してくれた。ブログの更新があったからって戦えていないわけではないし、むしろ平常心で更新してくれた方が安心する。

ここでコロンビア戦後の選手のインタビューを紹介したい。

内田
過去2戦との違いについて「シュートまでは行けていたので。良い形をつくれている部分もありました。ただ、攻撃に行くぶん、守備の負担っていうのは、かなりチーム全体として後ろに重くかかっていた部分があるので。そのバランスがね、地力がないと上にはいけないのかなと思いました」と、過去2戦で負ったビハインドを取り戻すことが難しかったという。

岡崎
「やってきたことを封じられて、今日みたいに上がろうとバランスを崩したら1-4。コートジボワール戦みたいに下がろうとやったら1-2。一つのことを貫かせてくれなかった。そこを封じられたときに何もできなかった」

南アフリカのときは超守備的に戦った。ブラジルでは攻撃的な選手を並べてパスサッカーをした。
ロンドンオリンピックではプレス&ショートカウンターだった。

結論としては全部出来ないとダメ。

ひとつの戦術しか出来なくてそれを封じられたり、誰かのコンディションが落ちると戦力が極端にダウンしちゃうのはロンドンオリンピックでも証明済み。

リードしてるんだからこの時間帯はポゼッションでおびきよせてカウンターでいこうとか、相手のビルドアップがつたないし足元もうまくないぞハイプレスだ、とか相手や状況によって使い分けられればベスト。

もちろん、選んだ選手の特徴にもよるだろうが、戦術的に幅が狭いってのは戦いづらいしせつない。カウンターしか出来ませんだと南アフリカのパラグアイみたいな相手にあたると壮絶な塩試合を見ることになる。ピッチがボコボコでパスサッカーが出来ません!じゃ北京オリンピックみたいになる。

さて、次の監督は誰なんだろう。

個人的には柏さんには悪いのだが過去の件は水に流してネルシーニョにお願いしたい。無理だろうなぁ。

ところで気になってるのがザックのこの発言。
「コンフェデレーションズ(コンフェデ杯)、W杯では間違ったアプローチを取ってしまった。もし何かを変える必要があったとしたら、戦術面ではなく、精神面を変えるべきだった。」
正しく翻訳されてるかはわからんし、意味合いが異なるのかもしれないけど、戦術面で妥協して選手にあわせちゃったってことなんだろうなぁ…。

サッカーって難しい。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカーの新しい教科書 戦術とは問題を解決する行為である
posted by dekasan at 21:24| Comment(0) | FIFA2014ブラジルW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

「終戦」FIFA 2014 ブラジルW杯 日本vsコロンビア

ため息しか出ませんね。

この試合でいえば、3戦目で攻めて勝たないといけない状況でカウンターが得意な相手は最悪だったってことです。2戦目で勝っていればまた違ったプランもありえたんですけど。

8人入れ替えといってもそれだけ相手はフレッシュな状態ですからね。クアドラードもいたし(バルサがアウベスの後釜にの噂、もともとサイドバック)、ドルトムントに移籍するラモスもいたし、ポルトガルリーグ2年連続得点王のマルティネスもいた。

「二軍」と一言で判断するのはちょっと乱暴。

今野のポカで相手の狙いを最初っからはっきりさせてしまったのも敗因のひとつ。というか軽率すぎる。相手は4-1-4-1で守り、アンカーを置いて本田にボールが入ったところで潰してカウンター作戦です。

2失点目はハメス・ロドリゲスの進入を許しちゃったのが原因ですが、左利きの選手が斜めに左からカットインしてくるとボールが遠い位置にあるので取りにくいのは確かですが、距離を置きすぎなんです。というかそれやられないように最初から右を切っておけよと。この場面だけマーク外しちゃったんですよね。

オランダとの親善試合でロッベンにやられたときも長谷部が切り替えされて抜かれるのを恐れて距離をとっちゃったのがよくなかった。ザックは遅らせるんじゃなくて後ろを気にせず止めに行けって指導してるんですけど。

右を切ってサイドに誘導して利き足じゃない方でコントロールさせるって手もあるんですが、このシーンは本当いただけなかった。人数もいたのにね。ってあらためて見ると青山だったね中に入れさせちゃったの。

山口との交代は正当だった、というかハメス・ロドリゲスのところを逆に潰して柿谷のカウンターで仕留める作戦だったんですね。なのにみんな本田に集めちゃう。

3失点目は本田にボールが入ったところで潰されてのカウンターです。これも本人狙われてるのわかっててサイドに逃げてたりしてたんですが、あの場面で逆襲くらうような真ん中にパスを入れるなと。

この失点の前に長谷部が密集地帯にいる本田に縦パスを入れて進入を試みて失敗してカウンターくらってて、あぶねーなーと思ったら同じことやろうとして、カウンターへの戻りが遅れてるんですね。

長谷部のポジションってベストは4-3-3の真ん中3の右、ボランチではないです。

やっちゃダメなプレーは即失点に繋がるってことです。長谷部が足滑らせてのボールロストも危なかった。あれやられてたら前半だけで終わってた。

[今回のワールドカップであらためてわかったこと]

・W杯に出てくる相手クラスに守備力に難のある選手2枚近くに並べただけでそこが穴になる
・高温多湿で雨も多い地域でピッチも悪い状態だとパスサッカーは不利
・逆にこの環境では省エネカウンターサッカー最強
・高温多湿の環境でスタミナのない本田を遅くまでひっぱると危険
・トップ下しか出来なくサイド不適格って烙印押された形の香川はファンハールに干される可能性大、ルーニー・マタの次の三番手
・何人かの選手は明らかに初戦びびっていた。メンタルトレーニング必須。
・有名選手をリスペクトしすぎ
・采配とか闘莉王入れろとかの問題ではない
・親善試合やアジア相手で点の取られ方がしょうもない場合は本番でも出る
・監督が選手に妥協するとロクなことにならない

それでもまだサカつく的発想で新しい監督とメンバーの議論がされると思うと気持ち悪くなってきました。

今回の結果はこれからの代表チーム作りに色々と考えさせられることになりましたね。

総括的な記事はまた後日。
⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー日本代表をディープに観戦する25のキーワード
posted by dekasan at 21:30| Comment(0) | FIFA2014ブラジルW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

「またお願いしたい」FIFA2014 ブラジルW杯 スペインvsオーストラリア

このカードの裏がオランダvsチリでどっち見るか悩んだ末に、どうせならまた日本と戦う可能性のあるオージーの方を選択しました。

失意のスペインvs1勝はしたいオーストラリアの方が盛り上がるだろうという判断。どうせオランダ・ファンハールはカウンター戦法だろうし。

オージーの方はケーヒルがカレー2枚もらってるんで1トップに若手のタガートを配置した4-2-3-1。

日本が以前戦ったメンツとは結構違いますね。

スペインの方はピケ・ブスケツ・シャビのバルサの主軸を外し、2トップにビジャとトーレス師匠をおいた4-4-2。

ピッチの状態がよくないのと、バルサ勢が少ないのでいつものビルドアップが出来ないスペイン、勝ちたいオーストラリアという構図もあって、序盤はオージーペース。

オージーが高い位置からプレッシング、いつものパス交換でのプレス回避ビルドアップができなくてロングボールが多いスペイン。

ただし、イニエスタがこれはマズイとばかりダビド・シルバっぽく守備ブロックの隙間をドリブルうねうねでボールを運び、相手を中央に寄せたところで、ビジャが空いたサイドのスペースを突くって感じでチャンスを作りだす。

オージーの左サイドが完全に崩されたところでキレキレのビジャが背後をとってスペインが先制。というか斜めに入ってくるビジャを見てたくせにジョギングして放置してたの誰だろう。

セルヒオ・ラモスも「ピッチがクソだし、ブスケツもシャビもいないんじゃ俺がゲームを作る!」とばかりにドリブルで持ち上がる。これに対して1トップのタガートがついていくわけでもなく、サイドバックへのコースを切るわけでもなく真ん中で浮遊。何してんの?

さすがに前半だけで交代させられました。

後半はもうつまんなくてほぼ寝てたと思います。オージー裏とられまくり左サイド大混乱祭りでした。

オージーはもうさすがにケーヒル・ブレシアーノ・ニール・オグネノブスキ といったベテランは出てこないでしょうから、若手への切り替え過渡期って感じですね。

前線の選手がヘディング鬼タイプじゃないので以前のようなサイドバックからの放り込みがなくなっています。ケーヒルがいないと決定力不足にも悩むと思います。

また日本と戦うようなら日本がポゼッションでも優位に立てるでしょう。空中戦の怖さも軽減してますし組みしやすい相手だと思います。
⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー戦術が簡単に分かる本 (マイナビ文庫)
posted by dekasan at 21:50| Comment(0) | FIFA2014ブラジルW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。