2013年03月07日

「ツカンポのファーガソン」UEFAチャンピオンズリーグ マンチェスターU vs レアル・マドリッド

ファーガソンは、ここ数年なぜかCLになると色々と考え過ぎてしまって下手を打つ場合が多い。特にバルサ相手にキック&ラッシュのハイペース戦法でパスワークを封じ込めようとしながらチンチンにされたり、クリロナをCFで使ってカウンターに失敗とか。

そして、今回レアル相手にとった戦法は、香川はおろか、エースのルーニーまで温存して、フレッシュな選手を選択し、ウェルベックをトップ下の位置まで下げた4-4-1-1、ラファエルとエヴラがクリロナとディ・マリアをほぼマンマーク気味に対峙して、中盤には何故か右にギッグス、左に快速のナニを置いて、ホームなのにカウンター一辺倒の作戦。

確かに、レアルはアゥエーゴールを許しているので0−0ではまずいので必ず攻めてくる、と判断してカウンターを狙うのは理にかなっているかもしれないが、どうも爺さんは自分達の強みを活かすよりも相手の長所を消すことを優先してしまいがち。

まあ、これも今期のユナイテッドが、成績の割りにはシステムや戦術の強度・バリエーションがそれほど強固ではない、というのもあるかもしれない。

ファンペルシの一芸だけで勝ってしまった試合も結構ある。エルナンデスやウェルベックも期待ほどにはハマっていない。

で、前半までは思惑どおりの展開だったのだろうが、ナニの退場でご破算。

香川が使われなかったのは、カウンター戦法でなるべく手数をかけずにドリブル突破できる選手を優先したからで、あくまで香川はコンビネーションで崩すタイプだし、第1戦でフィジカルの弱点を見せちゃっただけにこれはしょうがない。

後半、ルーニーと一緒にセットで出られるか?と思ったけど、中をレアルが固めてたのでサイド攻撃重視で考えたからだろう。

まだまだ、香川への信頼は絶対とはいえないのだろうが、これからルーニーとセットで使われれば来年はきっと使われるはず・・・・。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー日本代表の少年時代 (PHP文庫)
posted by dekasan at 21:49| Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

「クラシコ感想」レアルマドリッドvsバルセロナ(1-3)

「運がなかった」と語ったモウリーニョだが、運というよりロナウドが2度もあった決定機を決めていればレアルが勝っていたかもしれない。点差ほど差はなかった。

前半24分のロナウドのらしくないフリーでのシュートミスがなければ2点差になっており、モウリーニョの開き直り引きこもり作戦発動があったかもしれない。

バルデスのミスで先制されてから早々にバルサは3バック。
直後にシャビ・アロンソがメッシにファウルでイエロー。ここからいつものようにバルサがパス回し。メッシ潰しにディアラをぶつけてファウル上等でいたのだが、少し気持ちを押さえたのか、ボランチの場所からドリブル突破するメッシを捕まえきれずに、サンチェスへのアシストを許してしまう。

左サイドをイニエスタに崩されて2失点目。アウベスのクロスにまたも左サイドからセスクにファーをとられて3失点目。

レアルの右サイドのコエントランが相手を捕まえ切れていない。
対するバルサはリードしてから高速カウンター潰しに4バックに戻してプジョルをロナウド番にあてて対処。

今のレアルは尋常じゃなく強いはずなのだが、バルサがチャンスをきっちり決めて勝ったというところか?

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
タグ:バルセロナ
posted by dekasan at 14:53| Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

「脅威の18歳」宮市亮デビュー



アーセナルからのレンタルで加入後即デビュー。フェイエノールトは下位に低迷していてそんな余裕ぶっこいていていいのか?と思いきや、これがビッグサプライズ。

デビュー戦だというのにちゃんとゲームに入っていってる。

凄いスピード。縦に一気に抜けるプレーが得意そう。しかし緩急とか急激に横に動くとか身につけたら無双だなこりゃ。さすがにデビュー戦でトラップが大きくなったりクロスの質がいまいちだったりするのだが十分でしょ。

評価はチーム1の6.5点。

しかしフェイエノールトのサッカーはほとんど個人能力まかせで下位に低迷するのもよくわかる。

フィテッセには安田が出てたけどサイドバックというよりはサイドハーフの位置にあがりっぱなし。それでいいのか?

宮市に対しては、次は必ず縦を切るディフェンスを相手がしてくるのでこれをどう交わすか?

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
タグ:宮市亮
posted by dekasan at 17:24| Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

「インテル入ってる?」長友がインテルに移籍

・愛媛FCジュニアユースに入れず、東福岡高校に進学したが全国的な大会には出られず、指定校推薦で明治大学に入学、椎間板ヘルニアを発症し、試合に出場できずスタンドで応援太鼓を叩いて鹿島アントラーズのサポーターから勧誘を受けてた男が5年後インテル・ミラノですよ。

・2007年に明治大学とFC東京との練習試合でFWのリチェーリを完封。これがヒロミの目に留まって7月から特別指定選手でJデビューだから、実質3年半とここまで来たという・・・・・。

・インテルがイタリア期待の若手サントンを放出してまで獲るとは全く予想できず。キヴはケガ持ちだし、サネッティは歳なんでもうサイドバックはきついのは確かだが。

・でも、監督のレオ様は鹿島のMFのイメージがあるけど、サンパウロやブラジル代表では左サイドバック。そういった意味ではかなり長友にはプラス。レオナルドが鹿島からPSG→ACミランと花咲いたように暖かい目で長友を見てくれればよい(希望)。

・しかし、岡崎シュトッツガルトも決まったし、何だかここ2年ぐらいで代表選手が「キャプテン翼ヨーロッパ編」状態だな。全部冗談です、と言われたらどうしよう?

⇒⇒⇒人気blogランキングへ

タグ:長友佑都
posted by dekasan at 15:05| Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。