2013年09月02日

「香川が使われない理由?」リバプールvsマンチェスターユナイテッド

モイーズ就任で嫌な予感はしてたんだが、どうやら彼の中で香川の選択肢はかなり低いっぽい。

昨年のマンUでも、サイドをドリブル突破してクロスをあげて、後はファンペルシ君よろしくね!というある意味くそサッカーでも結果を出してきたので、これだと香川はキツイなぁと思ってた。そんなんでもファンペルシが決めちゃうからどうもならんのだけど。

せっかく、J-SPORTS4が無料放送してくれるってのに、リバプール戦では香川はベンチにすら入っていない。

この日のマンUはトップ下を置かず、ファンペルシとウエルベックの2トップ。前線から激しいプレスをかけて、攻守の切り替えを早くして、力技戦法での中央突破。なんだか凄く慌しい。

どうやら、モイーズはファイタータイプを重視して、攻撃陣にも守備でハードワークという泥臭い戦法みたい。そうなると、守備にリスクのある小柄の香川は使われないかな?仮にトップ下を使う戦法でも、ルーニーが残留したので、そちらがファーストチョイスになる可能性が高い。

ウエルベックを続けて使ってきたが、サイドでボールを持っても芸に欠けるので、中央に寄ってファンペルシのそばでプレイする機会が多くなるので、マーカーを連れて中を固めてきているリバプールの守備陣の網にかかってしまう。そうなるとファンペルシも窮屈そうにしてイライラが溜まり、いらないカードを貰ったりしていた。

サイドが全然使えてないと思ったのか、後半にナニやエルナンデスを使ってきたら何かスムーズになってきたけど、結局完封負け。

まあ、いきなり大胆に自分の色を出すことは、さすがにファーガソンの後だと出来ないだろうという意見もあるが、もしかすると、守備のリスクがあっても下位相手なら香川をトップ下に置いて、今日とはまた違った戦い方を模索するのかもしれないけど、上位相手に勝てないとあんまり冒険も出来なくなるし、困ったもんだ。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
アンチェロッティの戦術ノート
posted by dekasan at 18:37| Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

「バカンスへGO!」コンフェデレーションズカップ決勝 ブラジルvsスペイン

中3日、2日の試合が続く5試合目で、しかも長距離移動を何回か強いられて、聖地とか言ってる割にはピッチが劣悪な状況で、もうガソリンが残ってない状況でブラジルのホームで戦うのは無理!とバカンスのスケジューリングを試合中に考えだしたとしか思えないスペインだった。

だいたい、負けてる状況で、フレッジが残る位置に4人の最終ライン+ブスケッツと5人がジョギングしながら押し上げてるなんてありえない。

全体のゾーンを高い位置にあげて、常にパスコースを2つ作り、これでもかというぐらいパスを繋げて、ボールを奪われれば、すぐに複数で奪いかえす、といったスペインサッカーはまったく見られず。しかけはほぼ単発に終わった。アルベロアはあり得ないミスでネイマールのマークを外した。

とうわけで、スペインについてはコンディションの問題がほとんどなのであまりしゃべる材料はなし。イニエスタが一人でドリブルしながら反転して自分でスペース作ったのは笑ったけど。

さて、ブラジルの印象は、中盤を形骸化した個人技主体のカウンターチームです。ビルドアップの際はボランチのルイス・グスタボが最終ライン付近まで降りてきて両サイドバックが高い位置をとります。同時に両SHが左右に張って相手のDFラインを横に広げて牽制しつつ、パウリーニョとオスカルがブロックの隙間に入りギャップを作るという戦法です。ここは広島の4-1-4-1戦法に近い感じですが、ブラジルはほぼフッキとネイマールの個人技による突破が武器で、パスワークで崩すことはあまりしません。パスをひっかけられて逆にカウンターを食らうぐらいならサイドの2人にボール預けておまかせした方が効率がよい、それぐらい両サイドはチート気味なんで。ネイマールにマークが集中すれば、その分フッキの前にはスペースがありミドルを打つことが出来ます。そして、フレッジは2列目を活かすための汗かきデコイ役をひたすら泥臭く行っています。

これはフェリペの特徴であくまでバランス重視(なるべく重心は後方)。そもそも守りきることは得意。その昔グレミオを率いてリベルタドーレス杯を制し、TOYOTA CUPで当時欧州最強のアヤックスと戦った際に、120分守りきった過去があります。

当時のアヤックスは、クライファート・リトマネン・オフェルマウス・ダービッツ・シードルフといった豪華メンバーで超攻撃的な3-4-3システムでヨーロッパを席捲していました。

2点取ってしまえばブラジルにとってはもうゲームは終了。後はベタに引いてしっかり後方にしっかり守備ブロックを作ってカウンター戦法に切り替え。もう、こうなってはどうにもなりません。

これからは、絶対先制点をとらせてはいけないというのがブラジル対策になりそうです。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
あなたのサッカー「観戦力」がグンと高まる本

posted by dekasan at 19:10| Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

「三度目のハゲ」バイエルンvsドルトムント(2-1)UEFA チャンピオンズリーグ決勝

いや、物凄い試合だった。この後、札幌vs水戸の試合見るともう同じスポーツとは思えませんでしたよww

ここ10年ぐらいのチャンピオンズリーグ決勝でもベストな試合じゃなかろうか?特に前半45分の中身が凄い濃かった。

・バイエルンに対して、持ち前の運動量で“ゲーゲンプレッシング(ボールを失ってから5秒以内に再度奪う)”と“高速カウンター”を組み合わせ、後一歩まで追い詰めた。先に失点してしまったのが痛かった。自分たちの堅守速攻のパターンにはめきっていれば、もう少し体力温存できたはず。余計に走らされた感はある。

・バイエルンもドルトムントのプレスに慌てず、落ち着いてボールを回し、時にはロングボールでプレスを回避。リーグ戦で何度もあたっているので慣れているのだろう。攻撃に関しては、ミュラーが献身的にポストに入ったり、フリーランニングでスペースを作ったり、ロッペンが孤立しないようにフォローしたりと、派手なプレーはないけれど、攻撃陣を牽引していた。とはいってもプレッシャーか、ダンテのフィードはかなりアバウトでマンジュキッチが拾いきれず、徐々にFWとDFラインが間延び。ノイアーの神セーブがなければどうなっていたことか。

・ロッペンは後半になってから、リベリーの近くで意図的にプレーしていた。リベリーが前半抑えられていたのもあるが、徐々にマークが緩くなってきたのを狙ってたのか?ともかくこの二人で左サイドをえぐって先制。勝ち越し点も、ロングボールをリベリーがDFを引きつけてヒールで落とし、後ろから飛んできたロッベンの技ありゴール。

・結局、勝負を決めたのは「最後の役者」の差。ロッペンのCL決勝三度目の意地だった。ドルトムントはゲッツエを欠いたのが痛かった。というか、この舞台で香川を見たかったなぁ。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
バルセロナを極める11の視点 サッカー史上最強のクラブを再考するアンソロジー
posted by dekasan at 15:23| Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

マンUにモイーズ就任で香川がほされる?

まさかのファギー爺さんが突如引退で、マンUの新監督に現在エヴァートンを率いているモイーズの就任が決まった。

なのだが、もしかすると香川がほされるかもしれない。

モイーズがエヴァートンで行ったサッカーは良くも悪くも旧イングランドのキック&ラッシュサッカー。

コンパクトな守備ブロックをきっちり形成して、長身のトップ下、ベルギー代表フェライニにロングボールを当てて、こぼれ玉を拾ってサイドに展開、サイドバックのイングランド代表レイトン・ベインズがクロス、みたいな戦法である。堅実さが売りだが、クソつまらん4-4-1-1システム。

ビッグクラブみたいな予算はないが、あまり有名でない選手を抜擢して、結果を出すタイプの監督だっだけに、マンUのような補強費がごまんとあるクラブではどうか?という疑問もある。

ルーニーとの確執もあるし、こりゃきっとシーズン当初から色々とやっちゃいそうな予感がすると思ったら、「モイーズ、来季の補強にベインズとフェライニの愛弟子2人を検討か?」の記事が!

こりゃ、トップ下のフェライニに縦ポンで当てて、こぼれ玉を拾ってファン・ペルシがズドン!のクソサッカーの匂いがぷんぷんします。

まあ、でもアーセナルに移籍したアルテタみたいなパサータイプをトップ下に置いていた時期もあるだけに、いきなり今のマンUのカラーを変えることはないと思うけど、就任3ヶ月ぐらいは色々と思考錯誤するだろうなぁ。

そして、結果が出なくていきなりファーガソン復帰とか、そっちの可能性の方が高い気がします(笑)。ルーニーが移籍したらそれはかなりの波紋を呼ぶだろうしね。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
必ず成果を出す! サッカー名監督のすごい言葉 (PHP文庫)

posted by dekasan at 01:01| Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。