2014年04月14日

「セットプレーの戦術」リバプールvsマンチェスターシティ(3-2)

たまには更新しないと・・・というわけで、プレミアリーグ リバプールvsマンチェスターシティの試合を観たんですが、興味深いセットプレーがあったので紹介します。



コーナーキックから「アンダーワールド」に出てくるバンパイアみたいなシュクルテルのヘディングが決まったシーン。

ちょっとわかりにくいんですが、シュクルテルのマークにコンパニがついているんですが、シュクルテルはニアにフリーマンとしてポジショニングしてるDFの背後から前に飛び出して、DFをコンパニを振り切るための壁として使っています。ニアにいるDFは全然シュクルテルに気付いていません。

これ、タイミングばっちしといい、コースといい、おそらく約束パターンなんでしょう。

コウチーニョだと思うけど、ニアのポジションから離れてDFをひきつける役目だと思うんだけど、誰もついていかなかった(笑)。

試合はリバプールが勝って、優勝に近づいた感じなんだけど、それよりは1枚イエロー貰ってるのに、ダイブしまくって「WHY?」を連発するスアレスが面白かった。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー日本代表をディープに観戦する25のキーワード
posted by dekasan at 00:24| Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月28日

マンUがやっぱりひど過ぎる件

アゥエーとはいえ、CL決勝トーナメントに進出した16チームのうちで最弱と言われてたオリンピアコスに負けるという、もはや笑いが止まらないモイーズ劇場。

一応、ヒートマップをあげとくと
oly.jpg

実に素晴らしい典型的な負けっぷり。いつもの4ラインが後ろで固まってて左右にパス交換するだけ。中を固められてるからサイドに展開するけど、サイドの縦のスペースを埋められてるのでバックパス、もしくは無理やりなクロスでボールロストというお約束。

後半、途中から香川が入ったんだけど


いや、香川はいつものようにブロックの隙間でボール貰いに動いてるんですけどね。香川にボールが繋がればチャンスになってるんだけど・・・。本当にバイタルで縦パス入れるなって指示でも出てるんじゃないかと。ボールしか見てないヤングのクロスには泣けてきました。

試合後にファン・ペルシーは「チャンスがなかった。スペースがない。仲間の選手が本来の私のゾーンでプレーしている」とコメントしたことが問題になってるけど、クロスにファーに逃げる動きで他とかぶったり、ルーニーが前で張ったままでボールロストしても歩いてたりで、攻撃のお約束が全然整理できてないんだと思います。

マンUはクロースを獲得するとかいう噂がありますが、いくらクロースが走力を活かしてスペースに飛び込んでも、そこにパスを出す人がいないんじゃ、同じことじゃないでしょうか?だからクレバリーの代わりのボランチを取れよ。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
知られざるペップ・グアルディオラ サッカーを進化させた若き名将の肖像
posted by dekasan at 19:49| Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

どう考えてもモイーズが悪い

◆プレミア◆ユナイテッドとバイエルンの攻撃時のポジショニングが違いすぎると話題に

何だろう?バイタル使っちゃいけない!というルールでもあるんだろうか?



フラム戦でのクロス集です。この試合、ユナイテッドは81本という記録的なクロス数を上げており、Twitterでも話題を独り占めにしてました。しかも、この試合ファン・ペルシとルーニーのパス交換が6回しかないんですよ。二人ともクロスに備えて前で張ってただけなんです。



ヒートマップなんですけど、もう真ん中スッカスカやん!こんなサッカーでマタも香川もどうしろっていうんだよ?

香川だって別に今シーズンさっぱりダメってわけでもないんですよ。ちゃんとチャンスは作っています。周りが決めてないだけで


ようやく香川トップ下キター!と思ったら交代させるとか、ヤヌザイが中で香川を左にして、ヤヌザイがボール持ち過ぎて潰れたせいで、ボランチのフォローに香川が下がってみたいな謎采配の犠牲にもなってます。

このままずっとモイーズでいくのなら一刻も早く移籍すべきだと思いますね。頭に来たんでマンUに入るまでの香川のスーパープレー集を貼っておきます。



⇒⇒⇒人気blogランキングへ
知られざるペップ・グアルディオラ サッカーを進化させた若き名将の肖像
posted by dekasan at 23:03| Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

「さあ移籍先を探そう」ストークvsマンチェスターユナイテッド

せっかくBS無料放送カードだというのに香川はベンチ外。

さて、スペイン代表マタを高額で獲得したわけですが、これでフェライニと併せて100億ですよ奥さん!買い物下手過ぎですよ!センターバックとセントラルMFの獲得がまず第一優先だろ?と誰もが思ってたのに、天下のマンUが補強できないってどうゆーこと?

そのマタですが右サイドに張らせてます。これ何の意味が?後半は中に入ってさばいてきましたが・・・。これって香川の使い方とあんまり変わってません。これスモーリングが右サイドバックの時はいいけど、ラファエウが入った場合、守備に難のある奴を右サイドに二人並べると結構穴になるような気がします。

基本的にファーガソン時代のここ数年のマンUのサッカーは、ワイドに快速のウイングタイプを置いてサイドを突破し、クロスを上げて中の二人の強力FWで決めるってのが攻撃パターンです。ファーガソンの最後の指揮のシーズンでも何だかんだで内容が良くなくても、ファン・ペルシが何とかしちゃうんで、確率的にサイドから放り込んだ方が中央突破やポゼッションやるより結果が出やすいと・・・・。そこから脱却するための香川だったはずなんですけどね。

モイーズ就任になってから
・きっとルーニーは移籍するはず
・トップ下にフェライニ
・サイドからクロスで二人に合わせる
・求められるタイプはスピードとパワーのMF→香川干される

だと思ってたんですけど、ルーニー残留しちゃったんで、トップ下のファーストチョイスはルーニーになります。ルーニーがケガとか夏に移籍しても、ここはマタやフェライニが出来るので、香川の出番はないかと・・・。

左をヤングとヤヌザイが争って、右をマタとバレンシアって感じになっちゃったんで、もう本当に香川のポジションがないです。あ、いまいち適正ポジションがわからないウェルベックもいましたね。

これでW杯までは、ケガのリスクは減りましたが、試合感やコンディションが心配です。

モイーズ解任はないと思います。ルーニーとファン・ペルシの二人が復帰してコンディションがあがれば下位チーム相手なら二人で何とかしちゃいます。ただ、CL出場圏内に入るかはちょっとわからないですけど。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
日本代表ベスト8 ブラジルW杯・対戦国シミュレーション分析 (サッカー小僧新書EX006)
posted by dekasan at 00:24| Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。