2012年03月11日

「切ない戦いが始まった」J1第1節 札幌vs磐田(0-0)

磐田は金園、山崎と怪我人の影響もあるのか、ロングボールを前田に当てて、こぼれ玉を拾って、サイドで高い位置をとる駒野へ繋ぐという省エネサッカー。サイドで詰まるとボランチまで戻して逆サイドへゆっくり回す。

高い位置でひっかけたい札幌には嫌な攻撃パターン。札幌のショートカウンターを嫌ってボランチがあまりあがらず、サイドに流れる前田遼一や菅沼に当ててから動き出し。バランス重視。

磐田は基本的に降格したくないというサッカーに思える。

札幌は、ホーム開幕戦ということもあって、前が高い位置でプレスかける割には最終ラインが低めのところもあって、DF前のスペースを前田遼一に使われる。

ノースは前田遼一を掴まえきれず。前に強いタイプかと思ってたけど、どっちかというとカバーリングタイプ。本当にオーストラリア代表?むしろ、奈良の方が前田を動きを制限できていた。

札幌の攻撃に関しては、前田のキープ力と、近藤や内村、岡本とのカラミや個人技で突破するパターン。ただ、山本はまだチームに入っていけてない。後半、スペースが出来てからは進出できていたが。

今日のように前半0点に抑えれば、後半にチャンスが幾つか作れる。

ゴール前での迫力が今ひとつの、昨日のジュビロなら勝っておきたかったところ。

ただ、駒野、前田、菅沼以外は、全然怖くないジュビロだったからいいものの、もう少し待ち構えて掴まえる守備もやっておかないと夏場にガス欠するのは必死だろう。まあ、もっと強い相手だと自然と守備ブロック下がっちゃうかもしれないが。

チームの仕上がりとしてはまだまだだなぁ。昨日は河合のところで潰せてたし、奈良君が凄い落ち着いてたのでディフェンスはまずまずだったけど、攻撃に関しては、前田のところを潰されると手の内なくなっちゃうので、パターンを増やしたいところ。セットプレーも高さがそんなにないので工夫したい。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカースカウティングレポート 超一流の分析
posted by dekasan at 13:29| Comment(0) | コンサドーレ札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

2012年コンサドーレ札幌J1での展望

さて、キャンプも終わり、メンツも固まってきたところで、今期の戦い方も何となく見えてきたので、J1でどこまでやれるか開幕前に考えてみました。

結論ですが相当にヤバイです。

まず、得点力不足です。J2でも49点しか取れてません。草津や徳島より低いです。J1で総得点が40点切るようだと平均失点1以内に抑えないといけない理屈になります。

その攻撃陣の新戦力ですが、大島はキャンプの様子をみる限り、持病の腰痛と左足裏の怪我をまだひきづっていると思われます。おそらく90分は無理かと。

キリノが戻ってきましたが、買取オプション付きで韓国のクラブチームが行使しなかったということはあんまり期待できません。基本、守備はザルなので右サイドハーフに使っても、そこから崩される可能性が高い。4-2-3-1でも3の部分のどちらかのサイドハーフが戻って守備しないと6人で守ることになります。イタリアなんかは最低7人で守るのは基本と言われてますからね。じゃあ、1トップに使うという手もありますが、この人マーカー外すのが下手なんですよね。前向いてよーいドン!なら強いんですけど。広島で佐藤寿人があの身体で1トップやれてるのは、常にマーカーと駆け引きしてるからなんですけど、キリノはスペースでしか貰えない。電柱にもなれないんで、1トップに置くとサイドに流れて、マーカー連れて近藤や古田のスペースなくすということになりかねません。

ここは前田がどれだけやれるかにかかってきます。

基本的に、1トップ・トップ下・サイドハーフのトライアングルでショートカウンターが攻撃パターンなので、ここがもたつくようだとどうにもなりません。

次にディフェンスですが、ここもノースがどこまでやれるかにかかってます。奈良と櫛引の10代コンビで持ったら奇跡です。山下の穴は相当でかい。河合を下げる手もありますが、そうすると山本と宮澤という冗談みたいなボランチの組み合わせ。パサーとミドル要員二人並べていいことは起こりません。山本も少し怪我をひきづっているので、どこかで戦線離脱しかねません。高柳も今期絶望と思ったら、芳賀も全治3ヶ月ですか・・・・。

基本、J2でもポゼッションで勝てていないので、夏場に失速するのは目に見えてます。

前半戦をどこまで凌げるか?にかかってます。今期J1は半分以上監督が変わり、ディフェンスラインもかなりの入れ替えがあるので、落ち着かない前半戦の戦いを、去年までの財産でどこまで頑張れるか?が残留のポイントでしょう。

悲観的なこと言ってますが、石崎さんがどこまでリアリストに徹するかに期待してます。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカーの見方は1日で変えられる
posted by dekasan at 14:59| Comment(0) | コンサドーレ札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

2012コンサドーレ札幌スタメン予想と戦術

【予想スタメン】
2012sapporo.jpg

こんなもんかな?

一応のここに出ていない選手の状況
・高柳-左膝前十字靱帯部分断裂。手術の場合、全治8ヶ月がく〜(落胆した顔)
・宮澤-怪我から復帰も絶好調とはいかず
・大島-怪我持ちなのでごまかしながら
・キリノ-買取オプション付きで韓国側が行使しなかったということは成長していない?平川さんによるとコンディションがまだまだだそうです。
・ジュニーニョ-サイドバックも出来る期待の若手DF・・・・なんだけど、平川さんによるといまいちらしい(苦笑)。
・古田-ちょっとわからない

うーん、一応DFラインのリーダーは18歳の奈良という苦しい状況。ノースが豪州代表で呼ばれたからコンディションは悪くないんだろうけど、どうしてもラインさげちゃうクセがあるんで。

ここが落ち着かないと河合が下がる場合があるが、ボランチが山本と宮澤という冗談はJ1では通用しない。山本も怪我をごまかしながらなのでなるべく負担は避けたいところだ。

前線は流動的。ボールを収める人がいないので相変わらず忙しいカウンター戦法になりそう。

サイドを有効に使えないのは今期も変わらないと思うが、3-5-2でヘタにポゼッションしようとすると逆にカウンター食らうのでやめて欲しい。

今期、J1は半分ぐらい監督が変わり、DFラインもかなり変化しているので、去年の財産でどこまで序盤戦を戦えるかが残留のポイント。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
札幌テレビ放送(STV) コンサドーレ札幌J1昇格記念DVD〜2011戦いの記録〜
posted by dekasan at 19:17| Comment(0) | コンサドーレ札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

2012 コンサドーレ札幌 選手・チームスタッフ決定

詳細は以下PDFファイルを参照

2012選手・スタッフ一覧

ジオゴ、レモスがいない。放出したな。
外人枠はノースだけか(アジア枠1を除く)。

相変わらずのセンターFW不足。絶好調時の大島であればいいんだけど怪我からどこまで復調しているか?

中盤だと清水の山本、広島の高柳のどっちかがフィットしないと以前のようにビルドアップに苦労しそう。

補強に関しては、とりあえず釣れる魚のうち最低限のものはとれたという感じ?だが、鯛やマグロの大物はなし。

さて、キャンプが始まるまではわからんな。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 長谷部誠
posted by dekasan at 15:00| Comment(0) | コンサドーレ札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。