2013年07月28日

「ザック解任派の人、息してますか?」東アジアカップ2013 韓国vs日本(1-2)

いやー、決してピッチのよくないチャムシルで雨降りの重馬場だと、縦ポンサッカーの韓国の方が有利なんだけど、予想通りの展開過ぎて笑ったわ。でも、勝てるとは思ってなかった。柿谷ジーニアスさすがやわ。

しかし、DFラインが永島さんの滑舌と同じぐらいひどかった。

サイドから逆サイドにボール振られると、槙野は中に絞っているので距離を空けて1対1を強いられるんだけど、この対応がお話にならない出来なんで左サイドが混乱。とりえず徳永入ってサイドの混乱がなくなったんで、韓国の決定力や展開力の無さに助かった。

そんなわけで、急造チームでも優勝出来たのは、出場した選手によい財産が出来たと思う。

西川:安定していたが最後の最後でやっぱりやらかす(笑)。最強DF豊田に救われた。
栗原:意地を見せるが、あの程度の韓国選手にやられてたんでは・・・。
森重:とりあえずDFとしてのスピードと高さを見せる。
駒野:うーん、連投には向かないのかなぁ?夏場に弱いのかもしれない。
槙野:1対1でキム・チャンス以外の謎の韓国人にも負ける。さっぱりな出来。
山口:なぜかMVPだけど、失点は右サイドのカバーリングの方を気にしてマークを放して最終ラインに入ってしまったのが原因。
青山:1点目アシストも相手につきあって蹴るばっかり、重馬場だと良さが活きない。
原口:最後はよくスタミナ持ったけど、こういう展開だと槙野とセットで使う意味がない。本当にレッズの左サイドコンビなのか不思議に思う。
高萩:守備に奔走。本来そういう選手ではないんだけど後半途中までよく頑張った。
工藤:サイドハーフの選手じゃないんで、今回の大会はちょっと可愛そうだったね。
徳永:守備で強さを見せて。サイドのバックアッパーとしては使える。
山田:うーん、最後のクロスはなんじゃそれ?
柿谷:あの最後の場面で落ち着いてボールが来るのを予測し、マーカーから離れてシュートスペースを作って、左足で正確にコントロールして流し込むという芸当は中々出来ない。本田ならキーパーにぶつけてる。それ以外の選手は利き足に持ち替えてDFにぶつけてる。

eaff.jpg

とりあえず韓国に勝つとキモチいいね!

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サムライブルーの料理人 ─ サッカー日本代表専属シェフの戦い
posted by dekasan at 23:11| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

「オジェック仕事しろ!」東アジアカップ2013 日本vsオーストラリア(3-2)

まさかの総とっかえとは本当にテストモードに徹するザック潔し。

でもね、オーストラリアの守備が酷すぎて、ボランチとサイドハーフの隙間に縦パス通すだけの試合になっちゃった。

もう、オジェック新戦力発掘するの諦めてるだろ?
ojk.jpg

だから、大迫が活躍したといっても、攻撃陣に関しては評価は微妙。そんなわけであんまり書くことがありません。

以下、気になった点。

・鈴木は不用意に飛び出してかわされて2失点に絡む。残念すぎ。
・森脇はもうミシャのシステムに慣れ過ぎてサイドバックとしては中に絞りすぎ。
・千葉はフィード能力の高さを見せたが、4バックのCBとしてはちょっと怖い気もする。
・扇原はもっと堂々とプレーして欲しかった。パスミス多い。
・徳永は前半はまずまず。なのに後半はバタバタになった。スタミナが切れるとちょっと危なっかしい。

おいおい、守備陣で1対1で強さをみせたの誰もいないぞ、大丈夫か?

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
posted by dekasan at 00:27| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

「サカつく」発想で代表チームは作れない

何か、東アジア選手権でのメンバー選考と結果に対してネット上で、ぶつぶつ文句を垂れる輩が多いので辟易してます。

いくら自分の好みのメンバーが選ばれないからといって、ザック批判へと矛先を変化させてしまうのは乱暴だと思う。

そりゃ、高萩が出てるなら一緒のセットで寿人を使うのもアリだろうさ。でも、東アジア選手権のテーマはあくまで新戦力の発掘。確かに寿人は今まで代表呼ばれても、使うタイミングが相手がベタに引いて守りを固めた時とか、使い方が「そうじゃねぇだろ?」と、ちょっと可愛そうなところもあった。ただ、やっぱり広島のやり方は独特なんだよね。あくまでザックJAPANのメンバーの中でのパーツで考えると、サイズ的な問題もあり難しいのかな?と思います。

要するに、ザックJAPANの鉄板メンバー+オプションという意味での新戦力の選手選考がされてるわけです。

それを、どうせ原博美が選んだんだろう?とか何の確証もないのに斜めに構えてしまうのもおかしいですよね。

「サカつく」発想で、好きな選手をバラバラと配置して代表チームを作れるはずがないんです。あくまで監督の考える戦術に適した選手をピックアップするわけだから。

で、文句言う人も「中村俊輔」とか「水本裕貴」とか言ってたんで吹いた。俊輔をどこで使うんだよ?トップ下しかないよね?ということは本田使わないのか?水本だって3バックのストッパーならいいけど、4バックだともう何年もやってない。一度、ザックに呼ばれて4バックのセンターバックやったけどさっぱりダメだった。

そんなんで、ちょっと呆れてます。

それに、セリエAのBIG3を率いてスクデットも獲ってる監督を無能呼ばわりするのはどうにも抵抗がある。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカーという名の戦争―日本代表、外交交渉の裏舞台
posted by dekasan at 19:20| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

「まるでACL」東アジアカップ2013 日本vs中国(3-3)

この大会はあくまで、ザックJAPANの新戦力の発掘であって、勝敗云々や結果は割りとどうでもいい。大体、まるっきりザックJAPANの面影もない新メンバーで、急遽集まって3日でまともなチームなど出来るわけがない。

とはいえ、一番安定したプレーをすべき駒野・栗原・槙野がまったく軽い対応なのはいただけない。大体、中国が放り込んでくるのは十分想定出来たはず。泥臭く体を張ったプレイがないと、ACLに出たJチームのように崩されたわけではないがやられてしまうというお馴染みパターンにはまってしまう。

というわけで、このメンツで戦術云々の話しをしても限界があるので個人の評価を。

西川:決定機を何度か防ぐ。足元の技術の高さを見せた。3失点の責任はない。
栗原:2失点に絡む。まさかこんなにひどいとは。
森重:3失点に絡んではいないが・・・慎重になりすぎか。
駒野:体調でも悪いのだろうか?こんな酷いのを見たことがない。
槙野:問題は守備。3点目でマークを離したのは大罪。左サイドを突破させすぎ、まったく成長していない。
山口:まずまず
青山:中盤のフィルターになれず、攻撃でも意図不明の浮き球パスでリズムを崩していた。
原口:ドリブルからの宇宙開発しかないのか?ミシャはもっと奴に怒ったほうがいいと思う。全然成長してない。
高萩:まずまずだが、本田的役割はちょっと時間がまだまだかかりそう。後半サボり始めたのはNG。
工藤:このポジションは専門外だが、よく上下動していた。
柿谷:やはりモノが違う。けど、後半サボったのと4点目を決めきれないのは集中力を欠いたと言われてもしょうがない。
高橋:落ち着いてプレーしていた。先発で出してやれよ。
斉藤:カウンター出来ず。前向いてボールを持てば・・・なんだけど、オフザボールの動きがね。

そんなわけで、合格点は柿谷ぐらいかなぁ?

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー批評(63) (サッカー監督の正しい叩き方)
posted by dekasan at 20:24| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。