2013年10月12日

「もしかして?」国際親善試合 セルビアvs日本

スタンコビッチの引退試合ということもあり、試合直前のセレモニーと開始10分はノープレッシャーというお約束で何やらエキシビジョンの匂いがぷんぷんしたこの試合。

ザックがどう考えているのかよくわからないが、彼にとってもこれはあくまで親善試合なんだろう?コンディションのよくないメンバーもいるのに、代わりに選手を使わずいつものメンバーを優先。とにかくコンビネーションと経験を優先させたいようだ。そうでなきゃ、調子の悪い香川や遠藤をここまでひっぱる必要がない。それに選手は明らかに体が重たい状態で、試合直前でも負荷の高い練習をしているのかもしれない。

さらにノビサドのピッチがボコボコでまともにクサビの縦パスが入らない状態。

安全策のショートパスばかりの繋ぎばかりになって、すっかり緩い雰囲気で試合に入ってしまったんで、こんな結果もあり得る。

特に、長谷部と遠藤がまったく中盤で相手を潰せず、香川が「ボール触りたい病」で真ん中に入りすぎて、ボールロストした際に、左サイドの守備に戻りきれないケースが多々あった。戻りきれなくてもスペースをカバーして進行を遅らせたり強く潰す役割が遠藤なので、ここを相手の攻撃の起点にされ、代わりに今野が前に出てファウルを貰うくらいなので、どうしても退却戦を強いられることに。

さて気になったのは柿谷なんだけど、岡崎との関係がさっぱりよくない。これが前田ならポストに降りてきたり、2列目を生かす動きとファーストディフェンスでチームを助けていたんだけど(その分点はとれないが)、柿谷の場合、狭いスペースで仕事ができないのと、ボールがない状態でのプレイが淡白すぎるので、これはこれで困った状態。

そんなわけで、ザックもこんなもんだろうと思ってるのかなぁ?そんなに悲観することもないけど閉塞感漂ってますねぇ。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー日本代表の戦術が誰でも簡単に分かるようになる本
posted by dekasan at 12:42| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

「問題はあの二人?」KIRINチャレンジ 日本vsガーナ(3-1)

実は、この試合個人的に楽しみにしていたんだけど、

MFエッシェン(チェルシー)
MFアサモア(ユベントス)
MFムバラク(エスパニョール)
MFバドゥ(ウディネーゼ)
MFムンタリ(ミラン)
FWボアテング(シャルケ)
FWアイエウ(マルセイユ)
FWギャン(アル・アイン)

と軒並み主力が来日しないとは・・・トホホ。いや、だってアフリカ枠は5あるので、本番でアフリカ勢と対戦する可能性はかなりある。その中でもガーナはトップクラスに強いはず。コートジボワールやカメルーンは、ちょっと劣るけど、これくらいの相手とちゃんと戦えないと本大会では苦しい。

で、ガーナの層の厚さは日本よりかなり上。今回、若手中心といっても、チェルシーからレンタルでフィテッセにいるアツ、スパルタク・モスクワで主力のワリス、ビッグクラブへの移籍が噂されるオトー、とか危険そうな奴はそれなりにおる。

そんな若手でも前半は守備意識がしっかりしてて、なおかつGKが清武や本田のシュートをうまくブロックして「こいつもしかしてスーパー?」と思わせたりしていた。ただ、これは錯覚で、本田は右足で流し込めばコース空いてた。清武のシュートがちっとも決まらないのはもはやデフォルトだった。GKは、この2場面だけならスーパーだったが、それ以外は色々とひどいやらかし系でした。スペイン2部グアダラハラのキーパーといってもバカにしちゃいけないよな、こっちはJ2が二人いるし、と思ってたら。

まあ日本の攻撃も、前半は、本田・香川・柿谷の3人でコネてばっかりだったので、中央で人海戦術的に守るガーナの守備にひっかかってばかり。エアバトラーがいないってのもあるんだけど(豊田入れとけよ)、なんか3人でなんとかしようという意識が強すぎないかな?

1失点目は香川がパスを相手にぶつけてしまい、それが偶然カウンターになってしまった事故と相手のパスが味方にあたって、中に絞って守っていた内田の前の選手にたまたま渡った事故の重なりみたいなものだから、あんまり気にしない方がいいかも?ただね、この場面と、この後、前半40分ぐらいに「なぜカバーに入っていない?」という危ないシーンがあって、ガーナの7番のアツがフラフラとワリスの下にポジションとってるんだけど、遠藤と長谷部がちょこちょこフリーにさせてた。

やっぱりガーナいいチームだなぁ、と思ったらさすがに長距離移動の影響か後半、足がぱったりと止まって別チームのように。ここからメンバー交代などで、さらに弱体化していき、やる気ない時のアフリカチームへと変貌。

日本の得点は、ミドルっぽい香川と遠藤のシュートから。最初からそれをやれ!(前半、コネまわしてたんで、「どうせワンツーかクロスやろ?」と思ってDFが寄せてこないので香川はシュートしたとは思うが)

なんか、人海戦術的に引いて守る相手に、日本はなかなか点を取れない。べったり引かれたら、そりゃぁそんなに崩せないのだけれど、シュートがヘボすぎる。エアバトラーがいないので、サイドからクロスが入っても競りかつことが出来ないので、余計にワンツーを使ったり、手数をかけて崩す傾向が強いように感じる。

そんな中、サイドバックが上がったスペースを、遠藤と長谷部で埋めるってのは、やっぱりカウンターのリスクがあると思う。相手が2トップにしてきたときに3バックにしたけど、それならなおさら遠藤と長谷部の組み合わせはないように感じる。まだ山口は色々と遠慮気味、本田にパスしすぎw

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー戦術サミット 一流フットボーラ―がリアルに語る「個」の戦術論
posted by dekasan at 23:14| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

「クソ試合を演出したのは?」キリンチャレンジカップ2013 日本vsウルグアイ(2-4)

・吉田がスピード勝負に負けるのはデフォルトだから気にしていない、が3点目に繋がったクリアはしょうもない。その前に香川がノーマークでクロスを入れさせてしまったのもいけないが・・・。
・フォルランのFKがデフォルトコースに行ってるのに川島がなぜか逆に体重をかけて失点。どした?
・川島がバンザイアタックで飛び出して4失点目。どした?

というわけでここんとこ吉田がずーっとやらかし過ぎだ。サウサンプトンでも個人的にはスアレス相手に何とかおさえていたのにどした?

確かに、柿谷・本田・香川・岡崎の前線は魅力がある。でも、ずっと、前から言ってるようにボランチが長谷部と遠藤ではボール回収力が著しく低くなってしまう。これで、サイド攻撃をサイドバックの上がりに頼るとなると更に危険性が倍増。

基本的にウルグアイは守備は相手にボールを持たせておいて人海戦術とカバーリングで何とかして、攻撃は前二人のカウンターと裏抜けだけなので、速攻を喰らうとスアレスやフォルランが日本のDFと1対1になる場合が多い。というかプレミアであんなに点とってるスアレスなんかそんな簡単には止められんわ!

まあ、親善試合だから攻撃が前がかりになるのはしょうがないんだろうけど、このチームの問題はボールの回収力なんだよなぁ。今はちょっと攻撃に力入りすぎ。

では、以下気になった点。
・香川は後半15分まではプレシーズンマッチだと思ってたみたい
・高徳はやっぱり1対1が怖すぎる
・こういう試合だと露骨に遠藤が守備に戻らなくなる
・豊田が入ってハーフナーの席がなくなる
・遠藤が下がってこないのでバランサーに徹する山口蛍
・川島は落ち着け

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
あなたのサッカー「観戦力」がグンと高まる本
posted by dekasan at 22:17| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

「自作自演の旭日旗問題」東アジア杯のその後のあれこれ

日韓戦の旭日旗を掲げたのはしばき隊の清義明の友人のしなり氏か

マッチポンプかよ。ひどいな。

なのに、平気でこんな記事を書いています↓
なぜ韓国サポーターは政治的な横断幕を掲げ、旭日旗に反発するのか?

もう、どういう神経してんだよ?


チ・ソヨンの“差別”発言、日本メディアの誤報と韓国紙 傷心の本人も否定

チ・ソヨンの発言ソースは元々韓国なのになぜ日本の誤訳とか言ってるんだろう?朝鮮日報はどういう神経してんだよ。⇒ http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20130727_0012252635&cID=10503&pID=10500


Numberの柿谷の記事を読んでたら何か妙な違和感を感じると思ったら、インタビュアーが金子達仁だったがく〜(落胆した顔)

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
あなたのサッカー「観戦力」がグンと高まる本
posted by dekasan at 00:31| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。