2011年11月12日

「河川敷の戦いw」ブラジルW杯アジア3次予選 タジキスタンvs日本(0-4)

冬場の河川敷ゴルフ場のラフコースみたいなドゥシャンベのスタジアム。
これじゃあ、うちの近所の公園の方がまだ立派な芝生だよ。
旧ソビエト連邦諸国の中でも最も貧しい国の一つであるだけに芝生整備のお金もないんだろうなぁ・・・。

おそらくウズベクがタジキスタンに1-0の辛勝だったのも、このピッチのせい。
これじゃあ、パスなんか通るわけもなく、放り込みとドリブルのグダグダな展開になりがちなんだけど、ピッチに慣れるまで根気よくパスを回した結果が4点入った要因かなぁ?

ウズベクが北朝鮮に1-0で勝ったので3次予選突破決定!ということで遠藤はもう休ませてあげてください。

では、以下気になった件

・内田が怪我上がりのせいかさっぱりだった。チームでの立場も微妙なだけにちと心配。
・前田のシュートは凄かったが、1トップ問題はいまだ解決せず。サイドに流れて中央に誰もいないこと多々あり。2列目から中央に誰かが入ってくるような動きがあればいいが、そうでないと簡単にラインをあげられてしまう。マイクに関しては、チーム自体がまだ彼をどう使うか理解できていない段階。
・ロングボールからセカンドボールを拾われて、いくつかチャンスを作られたけど、こういうのを見るとやっぱり攻撃サポートタイプ2枚のボランチの組み合わせはどうかな?と疑問に思うんだけどなぁ・・・。他にいないってのもありますが。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
posted by dekasan at 00:37| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

J2札幌総括

しばらく札幌のことに触れていなかったのは「今年もダメぽ」というのが前半でわかってしまった為なんだけど、これほどまでに低迷するとは思わなんだ。

理由1 FWがいない
去年、10点以上取ったキリノが負傷で稼働率が悪くてほぼいないと同じ。
キリノは純正FWではなくてカウンターのみのアタッカーなんだからちゃんと補強しろ!と思ってたら、愛媛から内村・FC東京から近藤をとってきたんだけど機能せず。
内村は腰痛であまり出られず、かつドリブラータイプなので古田とキャラがかぶる。
近藤は中ではって欲しいんだけど、どうしてもサイドに流れがち。肝心なときに中にいないのでクロスをあげてもちびっ子しかいない。

理由2 システムとメンツが決まらない
石崎監督は、本当は柏時代のような、前からプレッシングをかける4-5-1でショートカウンター、ターゲットマンをおかずに運動量でポゼッション重視が好きなんだけど、試合数が多く夏場のクソ暑いなかこれをやるのは無理がある。
さすがにあきらめたか最近はいったんリトリートしてブロック作ってから攻撃に変えたけど遅すぎるわい。
それにサイドをうまくつかえていないと見るや3-5-2にしちゃうしで、一時期は藤田をサイドバックに使うなどシステムとメンツが流動的。近頃はドリブラーの内村を1トップにしちゃうんだからよくわからなくなってきた。

理由3補強失敗

ケガの趙を現代に放出、CB手薄。FWいません。李漢宰?出たことあるっけ?


そんな中、石崎監督にHFCが続投を要請したという話・・・・・ありえん。

良くも悪くもJってバルサの影響を少なからず受けてると思うのだけれど、目指すサッカーと出来るサッカーは違うと思うけどね。
石崎さんの理想とするサッカーと、人材に事欠くJ2という現状があまりにも食い違っている。
結果、今年1年システムとメンツいじりたおしてこの順位。

来年強化費が大幅にダウンするので、名古屋へのダニルソンのレンタル延長より、完全移籍で強化費にあててくんないかな?
さて、それでまたメンツころころ入れ替えてまた同じことしそうですけどね。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
posted by dekasan at 18:07| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

「どつきあい」ナビスコカップ2010決勝 ジュビロ磐田-サンフレッチェ広島(5-3)

・普通、こういったFINALでどつきあいになるのは珍しいんだけど、両チームとも90分を想定してフルパワーで走ってただけに、延長戦は攻めたもん勝ち状態に。

・広島は、89分まで、ほぼ勝利を手にしていたものの時間の使い方が下手すぎる。
ペトロヴィッチの小粋な選手交代もみたことがない。

・ストヤノフ使わないのか、使えないのか?え、今期で退団なの?くれ!札幌にくれ!

・中盤の攻防がなくなって、ゴール前での攻防しかなくなってる。

・磐田の早いサイド攻撃は、柳下監督の札幌時代からの典型的パターン。でも、中盤をちゃんと作るとか、中盤でしっかり相手の攻撃を摘み取るってのがないんです。
「基本2ラインで引いてゾーン作ってから守備」
前田がいるからボール収まって、うまく攻撃できてるように見える。

・でも、前田はもう30歳なんだよなぁ。怪我もあっただろうが、代表で活躍する日がこんなに遅くなろうとは・・・・いやまだ活躍してないけど、誰かさんに対する嫌味です。

・槙野は意外と淡白にマークはずすクセがある。これが心配。多分、後ろのスペースとか飛び込んでくる選手を気にしすぎなんだろうなぁ。4バックのセンターバックはちょっと怪しいかもしれん。

・エンターティメントとしては面白かったけど、合計8点は何かがおかしい。


⇒⇒⇒人気blogランキングへ
posted by dekasan at 16:40| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

「停滞してます」J1第22節 FC東京vs浦和(0-1)

毎度おなじみボールポゼッション重視の浦和に対して、4-1-4-1の形からカウンターで大黒にあわせる攻撃のFC東京だが、羽生と高橋が怪我で交代と最悪な展開に。

こうなると前線でタメもつくれなくなり単調な攻撃に終始してしまう。

FC東京が接戦なんだけど勝ちきれないひとつの要因に、チームで一番点を取っているのが今野という事実。

我慢して平山を使い続けるかFWをとってくるしかないんだけど、大黒ワントップもきつい感じですなぁ。なんだか城福さんのしたいサッカーとメンツの構成とシステムが合っていないような・・・・・。

浦和は相変わらずでボールは回るが点を取れる気がしない。

とりあえず柏木と細貝の運動量でペースを握っているが、崩しのアイデアに事欠く。

フィンケも2年目なんだからもう少し進化してほしいんだけど、ターゲットマンを置くとか、カウンターとかないのかね?今のところ、ポンテとエジミウソンの調子ひとつが勝つかどうかの分かれ目。

もうGMが動いて何かしないといけない気がするんですけど。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
posted by dekasan at 16:23| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。