2013年04月14日

「横浜FM?」J2第8節 札幌vs徳島(2-1)

札幌がCK2本を決めてホーム初勝利、横浜FMみたいな感じ?・・・なんですが、前半の出来はひどいもんでした。

徳島の小林監督は、しっかり札幌を研究してきたなぁという感じ。なんせ、札幌の最終ラインは怪我人が多くて、さっぱり固定できていない。そこで、ボランチ二人に激しいプレッシャーをかけてきました。ただでさえビルドアップがつたないところに、河合・上里のボールを運べる二人にプレスをかけて、高い位置でボールを拾って攻撃に繋げる戦法。

前半、小山内・パウロン・砂川の右サイドが混乱。マークの受け渡しがさっぱり出来てませんでした。小山内も、縦を切って砂川が戻るまで待つ、のかサイドを空けておいて誘い込んで潰す、のかメリハリにかけて、かなりやられてました。

で、パウロンなんですが、この人はとにかく前で潰しに行きたいタイプなんですよね。後のカバーリングは全く気が効かない。今日みたく変な形でボールトロストしちゃうと一気に裏をとられて失点みたいなのは増えるかもしれません。

攻撃に関しては、相手は3バックなんだから、ひと山越せば前4人でどうにでもなるんですが、ボランチにプレッシャーをかけられて、慌ててテレにロングボール入れるからよくない。テレが常にマーカーを背負った状態でフタになってるから潰されて終わり。

この人、小山内のクロスに空いていたニアに入らないとか、上原がサイドの高い位置でボールを持ったときに、早めに顔出す工夫がないとか、もうさっぱりなんでどうにかならんか?

こんな時は、ボランチが最終ライン付近まで降りてきて、センターバックがワイドに広がり、サイドバックを上げるとか、工夫してパスを回したいんですが、まあそんなのは現時点で出来ないんだろう。

とにかく前半はもう眠くて、こんなコンテンツは誰も観にいかないだろ?そりゃ客入らないよという感じでしたが、徳島が1点取って落ち着いて受身になったせいか、後半から岡本投入で高い位置からプレッシャーをかけて有利に試合を運べてたけど。

こないだの野々村社長のカンファレンスで「今は洗脳に近い形でボール回しばっかりやっている」そうだが、あんまり効果は見えないぞ。

まあ、最終ラインがある程度固定できるまでは我慢というところなんだろうか?

ちなみにユース上がりの選手が多くて、長い目で見ないと、という意見があるけれど、長い目で見て大丈夫なのか?という判断は必要だと思うよ。今のところ攻撃に関して、明確なパターンがないんで、まだまだ試合しながら作っていくパターンなんだろうけど、テレいつまでひっぱるの?

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
職業サッカークラブ社長 野々村芳和
posted by dekasan at 20:33| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

2013年J1何となく総括

・優勝 広島 2位 仙台 3位 浦和 4位 横浜FM 5位 鳥栖 ・・・ ペトロビッチ可変システムが1位と3位。これは、別にミシャが優秀というよりは、前半戦で対応策をとらなかった各チームのせい。露骨に5バックで守るなどの対応をすれば、また違った結果になったと思う。というか、上位陣は、みなカウンターが得意で戦術が明確であったチームが占めている。ポゼッションや攻撃サッカーなど、理想を求めたチームはみんな下位。

・今年のJ1は、上から下までどんぐりの背比べみたいな感じで、特に上位陣にスペクタクルを感じることは殆ど無かった。昨年の上位陣がACL早期敗退したのも情けないが、リーグ戦に専念した後も優勝戦線にほとんど絡まなかったことも嘆かわしい。

・お金がなくても、戦術の構築が出来れば上位可能?でも、ACLに関しては引き続き苦戦すると思う。対戦相手は、ほとんど放りこみなので、こちらの戦術にはまってくれないし、一人で仕事するタイプのフィジカル系外人FWを重宝している。

・上位5チームのうち、大都市のチームは浦和・横浜FM。やっぱり、これってお金が沢山あるけど使い方を間違ってるんだろうなぁ。そういう意味ではまだJは伸びしろがあると思う。

・ガンバ大阪の降格はみんな意外だと思っただろうが、「遠藤や二川や明神がいて負けるわけがない」(金森社長)と、のほほんと構えていては、どんぐりの背比べ状態の中では必然の結果。特に、加地がケガ気味でサイドバックの層が薄く、山口放出でカバーリングの概念がどこかにいってしまった。J1最高得点力でありながら降格って本当おかしい。3点とれないと勝てないサッカーになっちゃった。あと、藤ヶ谷が色々とひどいのは、本当すいません(札幌サポとして)。

・やっぱり、この人の呪いのせい?
前田遼一

・負け続けているのに「目指してるサッカーは間違っていない」と思うのはそれこそ間違い。どこかイビツだからこその結果。それに気付かないとズルズルいく。毎年、大宮は後半になってからそれに気付く(笑)。
特に、現状認識が出来なくて、修正の仕方も間違ってる札幌はぶっちぎりの最下位。

・神戸の降格は、お金の使い方がおかしいという典型。というか、Twitter上での、ガンバ降格に比べての空気っぷりは半端なかった。

さて、今年残りはCWCと天皇杯ですか。CWCで広島がどこまでやれるか期待します。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー オフ・ザ・ボールの動き・戦術・トレーニング

posted by dekasan at 18:43| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

#J開幕当時の自分に言っても信じられない事 俺風

・トヨタカップが拡大して、アジアチャンピオンの浦和レッズがACミランと戦い、翌年にはガンバ大阪がマンUと派手な打ちあいをする。

・ヴェルディが下部リーグに落ちて戻ってこれない。

・ジーコが日本代表の監督になる。

・インテルのSBが日本人。

・ユベントスを奈落の底に叩き落す活躍をして優勝するローマのMFが日本人。

・日本代表のほとんどが海外クラブ所属。

・日本でW杯が開催されて、札幌にドームが出来る。

・ゴンとカズがまだ現役。

・浦和がなぜか勝つことを要求されるクラブになってる。

・女子がW杯で優勝してマスコミが大騒ぎ。

・ブンデスリーガに日本人が沢山いる。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
posted by dekasan at 18:25| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

「祝J1昇格」J2最終節 札幌vsFC東京(2-1)

徳島と岡山の結果次第、かつ相手がFC東京ということで、厳しいか?と思っていたら、大熊の謎采配で救われた。

少ないチャンスを活かして2点取った後、なぜか熊が坂田と田邊をOUT、石川とロベルト・セザーIN。裏に抜ける坂田と2列目から飛び出してくる田邊につられて最終ラインが揃わないところがあり、ルーカスにうまくスペースをつかわれていたのだが、これでFC東京は前が渋滞気味に。

縦パスが入ったところをカットする狙いが定まってよかった。

更に、熊はミドル狙いだとばかりに上里投入。羽生と上里というなめたダブルボランチ。
これでカウンター狙いやすくなるぜ!と思ったら、さすがに動きが重くて無理だった。

さて、めでたくはあるのだが、ホスン以外外人がまったく仕事してない状況はなんとかしないとね。前線で電柱になれる人・中盤でボールキープできる人・空中戦に強いセンターバック希望。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
posted by dekasan at 17:14| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。