2014年02月26日

「やる気ねーだろ?」全北現代vs横浜FM(3-0)ACL1次リーグ

いや、あのね・・・スケジュールがキツイってのは十分わかってます。だからといって、昨年度Jリーグで優勝争いをし、天皇杯を制したチームが何も出来ずに3-0ってのはちょっとありえない。

負けているのに、中澤も栗原も冨澤も前線にあげないってのは、ACLを戦う気がないってことかな?

ドゥトラの代わりが下平だけど、裏をとられまくり、中途半端なクリアを繋がれて失点。せっかく、中町と冨澤のポジションを前半と変えたのに、冨澤がトップ下の選手をフリーにしちゃったので何の意味もないです。

そして、ビルドアップが糞過ぎるのを突かれて2失点。3点目のPKは明らかにダイブだったけど。

マリノスに関しては、ハイプレス+ドゥトラor下平の裏を狙うってのが常套手段になりそう。俊輔が下がったり、冨澤が寄っていったりする前に、CB中心のパス回しにしておけば、ドカーンと蹴る技術しかないからね。

マルキーニョスの代わりが、伊藤翔と端戸ってのもよくわからないなぁ。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー日本代表 「個の力」の本当の意味

「疑問は多々ある」サンフレッチェ広島vs北京国安(1-1)ACL1次リーグ

昨年度のプニョドコル戦でのあまりの虚無感に「森保やる気ねーだろ!」と怒り心頭だったのですが、さて今年はACLどうするのだろうか?

北京国安は蹴ってくると思ってたけど、4-2-3-1(守備時4-1-4-1)の布陣でべったり引いた上にちんたらビルドアップで繋いできます。サイドの対応はボランチがスライドしてという感じでしたが、右サイドの石原の動きにつられて、ミキッチをフリーにする場面が多々ありました。前半は幾つかチャンスがあったんだけど、アタッキングサードでのプレーの精度があまりにも雑過ぎで無得点。

後半、エクアドル代表の選手に、ファン・ソッコが出られないようにブロックするスクリーンプレーでフリーでクロスをあげられて、それがコーナーキックに繋がったところで失点。

結局、前半で相手のちんたらボール回しに付き合ってしまってスローペースの展開にしちゃったのが引き分けの要因のひとつ。中2日でマリノス戦みたくハイプレスってわけにもいかないだろうけど、もともと、広島はポカスカ点を取れるチームではありません。元来は「相手を嵌める」サッカーなので、先制点を取られて、相手が引き込もるようになると、高さがないのでキツイ。

今日は、高萩、清水、森崎、柴崎とレギュラー級をケガで欠いたのでしょうがないってのもあるけど、リーグ戦はともかく、ACLは本当どうすんのかね?このグループ予選はセントラルコーストの一弱って感じなんで、北京相手にホームで引き分けってのはそれなりに痛いぞ。

以下、気になった点

・佐藤寿人が少しづつ力が落ちてきていると思うのは俺だけ?いや、昨年の後半あたりから結構やばくないか?
・丸谷は守備はよかったと思う。ただ、左サイドで野津田で組むと攻撃が淀みがち。加えてファン・ソッコだと色々と大変そう。右サイドの石原だけはがっちり押さえとけ守備の対応をされると?

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
日本代表ベスト8 ブラジルW杯・対戦国シミュレーション分析 (サッカー小僧新書EX006)

2013年09月25日

「\(^o^)/オワタ」ACL準決勝 柏レイソルvs広州恒大(1-4)

近頃の柏はアルシャバブ対策で大谷をアンカーに置いて4−1−4−1で中盤の主軸3人をおさえるという戦法をとってきたが、この日は大谷が出場停止。で、広州は主力がムリキ・バリオスいなくなったと思ったらエウケソン・コンカの3トップなんで、このシステムはやめて4−2−3−1で栗澤と茨田がダブルボランチ。

この日のレイソルの戦法は、広州の3人の外国人トリオへのパスコースをDFと栗澤と茨田が下がり気味になって確実に潰すというもの。

前半まではそれがかなりうまくいっていた。前半だけなら「今日は3-0ぐらいで勝つんちゃう?」の出来。

だが、後半はまるで別チームになってしまった。それも全部日程変更してくれなくて中2日を連チャンしちゃうJリーグのくそスケジュールのせい。

リッピは後半からコンカを中盤に下げてゲームメイクに専念させ、エウケソンとムリキをサイドにはってから中に入るように指示。ここで、少しマークが混乱した中、意外と守備に頑張っていた茨田がたて続けに繋ぎのパスをミス、クロスを近藤が足を滑らせて、こぼれ玉をムリキにぶちこまれる。

2点目は利き足が右なのに、決していい体勢でないようにみえた左足でワンステップでコースをついたシュートをコンカに打たれる。都並さんが一瞬「え?」とびっくりしたように、こんな技術を持ってるんですねぇ。いや、もしかしたら適当に蹴ったら入ったのかもしれない。

そして、これからレイソルの足がぱったりと止まり、普通にクリアできるコーナキックのボールを栗澤がボールウオッチでエウケソンにぶちこまれる。これはもう本当にあり得ない、絶対ない、普通にヘッドでクリアするやろ?

そんなわけで、もうほぼ柏レイソルのACLは終了。またネルシーニョがぶちきれて辞めると言い出すんじゃないでしょうか?

2015年からはこの過密日程で、2ステージ制+更に三週分の試合がブチ込まれる頭のおかしいスケジューリングが決まりましたとさ。もう、これじゃぁACLなんて只の罰ゲームじゃん。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー欧州CL新戦術 2014 (SEIBIDO MOOK)

2013年08月24日

「強くなっていない柏?」ACL準々決勝 柏レイソルvsアルシャバブ(1-1)

今年の柏はシーズン序盤に左サイドバックの橋本をケガで欠き、若手の山中や本来センターバックである増嶋を起用。右サイドバックはキム・チャンスだったり藤田だったり、又はケガで両方を欠いたり、両サイドが不安定。ACLのチーム対策ということで3バックもやったりしてシステム自体を中々固定できないでいた。

そして、シーズン半ばで大黒柱のレアンドロがケガ。全然ベストメンバーを組めないなかで、リーグ戦の成績はいまいち。

それでも、ACLでは無敗で準々決勝に進出。この日は、レアンドロや橋本も戻ってきてベストメンバーの布陣。

クレオ
ワグネル レアンドロ 工藤
大谷 茨田
橋本 近藤 鈴木 藤田
菅野

前半、アルシャバブのDF陣のプレッシャーが甘く、なのにカク・テヒだけはクサビへの潰しに積極的に前へ出てくるギャップを突いて、レアンドロとクレオの縦のホットラインを軸に攻撃を仕掛け、何度かチャンスを作り先制点をゲット。

だが、先制点をとったあたりから運動量が段々と落ち始め、ペースはアルシャバブに。同点に追いつかれてからは、アルシャバブは安全運転に切り替えて、トップのハザジ・ラフィーニャ・トーレスの3人だけでカウンターを仕掛ける戦法に。結局、結果は柏にとって痛いドロー。

問題は色々あって、レアンドロのコンディションが戻りきっていないこと。それに加え、連戦と夏場のコンディションの厳しさのせいか、クレオとレアンドロ、ワグネルがすぐに運動量が落ちて足が止まってしまうということ。橋本はワグネルの戻りが遅いため、対面するラフィーニャと1対1で対応する場面が多く、サイド深くまで進出を許していた。

クレオとレアンドロが真ん中で停滞してしまうと、相手に中を固められた時に、崩しの走りが出来ないので完全にフタになってしまう。

また、この日は元々守備力に難のある茨田がボールロストする場面が多く、そうなると工藤が高い位置でボールを貰ったり、裏へ抜ける動きがなくなってしまう。本来、工藤はFWの選手で、特に中盤でのボールキープ力に優れているわけではないので、これでは右サイドの攻撃が停滞してしまう。

2年前にJリーグで優勝したときの柏は、右サイドのレアンドロと酒井宏樹、左サイドのワグネルと橋本のコンビでサイド攻撃を重視した布陣だったが、

田中 工藤
ワグネル レアンドロ
大谷 栗沢
橋本 近藤 増嶋 酒井
菅野

この時の柏はもっと連動性が高く、チーム全体の運動量が多かった。今は当時ほどの鋭さが感じられない。それが連戦と暑さのせいだけなのか?は気になるところだ。個人的な印象としては「柏ってこんなもんだっけ?」とかなりがっかりしてます。

次戦は灼熱のリヤドなんで、もう何というか・・・。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー戦術サミット 一流フットボーラ―がリアルに語る「個」の戦術論

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。