2011年12月19日

「唯一無比で異質」FIFAクラブW杯 ジャパン 2011 FCバルセロナvsサントスFC(4-0)

異質といえば、かってルイス・ファンハールが率いたアヤックス。超攻撃的な3-4-3でACミランをど突き倒してCLを制した。1ボランチで後3枚だから一気にピンチになることも多かったが、あくまで攻撃主体。3トップは両サイドにオフェルマウスとフィニディというウインガーを置いて、中に高さと足元のテクニックがあるクライファートという編成だった。

だが、この日のバルサは前が、イニエスタ・メッシ・セスクという冗談みたいなちびっ子編成。かってのアヤックスがサイド重視だったが、バルサの場合はポゼッション重視。ボールを失った瞬間に一番ボールに近い選手が縦を切ってロングボールを封じて、後方の選手がパスコースを限定させてブロックを作る。攻撃は無駄なパスも多いが無理なパスはほとんどしない。

さて、そんなバルサ相手にサントスはアウベス封じに3-5-2にしてベテランのDFをあててきた。それでどうにかなるものでもないが、4バックだと左サイドを崩されると左にずれて中が薄くなるので、ボランチがカバーに入るとかいちいちしなきゃならないんで、これはこれでよいのかもしれない。まあ、どっちみち柏相手にポゼッションで負けていたのでどうもならんかったけどね。

ゲームを支配していて最後のところで決められる複数の選択肢がバルサにはあるということで、それが柏との違いなんだよなぁ。

しかしバルサ相手だともうサイドはほぉっておいて中だけ8枚でがっちり固めて、2枚のウイングに高速カウンターしかないのかもしれないなぁ。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
FCバルセロナの人材育成術

ラベル:バルセロナ
posted by dekasan at 15:07| Comment(0) | FIFAクラブW杯 ジャパン 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

「役者不足に敗れる」FIFAクラブW杯 ジャパン 2011 柏レイソルvsサントスFC(1-3)

点差ほど差はない試合だったと思う。昨日のサントスなら勝てるチャンスはあった。
結局はバイタルエリアに入ってからの決定力。

チート気味の足裏トラップからの切りかえしからの利き足でない方の正確なシュート。
エラーノOUTで無回転FKが飛んでこないと思いきやダニーロのありえへんコースのFK。

後半、柏はキタジを中にはらせて、相手1ボランチの横にワグネルとレアンドロが両方でひっぱって真ん中に基点をつくって、そこからサイドに展開という攻めが効果的だったが、最後の一工夫と役者不足。

基本、サントスはのらりくらりの省エネサッカー。ボランチまではボール持たせてくれるけど、そこから食いついてこないので柏は苦しかったと思う。大谷と栗澤は相手を潰すためにあまり攻め上がることはなく、ここでボールを奪取してサイドに展開というのがパターン。主にカウンター潰しに専念で、ここでFWまでスルーパスを出せる選手がいるとまた違うのだが・・・・・。

さて、ネイマールの印象だが、ポジショニングや守備の指示は与えられていないのだと思う。左サイドだけでなく右にも真ん中にもスペースあるなしに関わらず動いていた。ちょっと自由過ぎるのでどうかな?必ず相手から一番遠い位置にボールおいてもらう動きは凄いが、ボールもらってなんぼでスペース作るとか、周りを活かすタイプじゃないので、テクニックに極端に寄ったフッキみたいなもんかもしれない。それにしても利き足じゃなくてもあのシュートはゲームなみ。

柏は3位決定戦でなきゃだめなのね。レアンドロ抜きで厳しいと思うけどアルサッドには負けないでほしい。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
ラベル:柏レイソル CWC
posted by dekasan at 13:06| Comment(0) | FIFAクラブW杯 ジャパン 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

FIFAクラブW杯ジャパン2011 2日目 柏レイソル他

□柏レイソルvsモンテレイ(1-1)
いやー中2日でどうなるかと思ったけど勝ててよかったね。また中2日でサントス戦で相当キツイけど、ネイマールがどんなもんか楽しみになってきた。ちなみにリベルタドーレスで1回だけネイマール見たけど全然ディフェンス参加せずでした。

・柏の1点目は得意の「食いつかせるパス」からの裏狙い。レアンドロがDFをひきつけてスペースを作ってから再度リターンを貰うパターン。柏はよくこれをやる。ちなみにガンバの遠藤はボランチを引き連れたMFに縦に出して再度貰って、サイドバックが裏を狙ったところに出すということをよくやりますね。
・デルガドがフリーになるのが上手過ぎ。スアソはちっちゃくてそんなにスピードあるわけではないけど動き出しが速くてマークを外すのが得意そう。サラゴサが財政難でなければまだスペインにいたかもね。それとカルドーソの3人がやっかいだったけど徐々に相手の勢いが薄れてきて、うまく大谷のところでつぶせてた。前半、様子見でいたところにハイプレッシャーかけてきてどうなるかと思ったけどね。

□アルサッドvsエスペランス(2-1)
うーん、全然アルサッドのディフェンス堅くない。人数いるだけでカバーリングの意識あんまりない。イ・ジョンスも周囲と連携とれてなさげ。これでアジアの代表というのもなんだかなぁ。
ほぼ、ニアンとケイタの2トップの勢いとセットプレーで勝ってきた感じ。この2人全然守備しないんで楽にエスペランスがボランチまでボール運べてた。さすがに2点リードしてからは下がってきたけど。

なお、18日に決勝と3位決定戦があるので、次勝っても負けてもまだまだ柏の冒険は続きます。
キッツイけどやってやれ!
ラベル:CWC
posted by dekasan at 23:49| Comment(0) | FIFAクラブW杯 ジャパン 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

「お疲れ気味」FIFAクラブW杯 ジャパン 2011 柏レイソルvsオークランド・シティ(2-0)

意外と柏は引いた相手に弱い。柏は田中順也が守備時に下がって、ボランチの二人とレアンドロ・ドミンゲスでトライアングルを作って、ボランチでボールを捕ったときに、どちらかがフリーになるポジショニングをしている。そこからのレアンドロを中心としたショートカウンターが持ち味なのだが、オークランドがサイドはある程度ほっておいて真ん中だけは高さのあるDFでしっかり守るという感じなので、サイドは崩せてもフィニッシュで一工夫ないと・・・・ということに。

例えば、名古屋も最終ラインに釣男と増川というJ屈指の高さを誇るDFがいるので、中を足元で崩されるよりは4バックがペナルティエリアの中に完全に入って、中をしっかり固めるというスタンスと同じだと思う。サイドのスペースはウイングが下がって埋めると。おそらくはロングボールが多いオセアニア地区リーグでは有効な形なのだとは思う。

ところが、上手く、田中順也の個人技で点がとれたので良かったね。案外、セットプレーのマーキングも緩かったし。逆に先制点とられると柏は高さがないからベタ引きの相手を崩すのは大変だったと思う。

後半は攻め込まれたが、攻撃が単調でトップにボールが収まらなかったのは少し余裕だしすぎだったかな?おそらくリーグ戦の疲れもあるんだと思う。

また、すぐ日曜日に試合があるので大変だと思うが、バルサとの決勝まで頑張ってほしい。
(ちなみにサントスがどんなチームかはさぱーりわかってませんw)

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
ラベル:CWC
posted by dekasan at 22:17| Comment(0) | FIFAクラブW杯 ジャパン 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。