2014年09月19日

U21 手倉森JAPAN は堅守速攻なのか?

別にアギーレJAPANが4-3-3だからといってU21でも4-3-3ってシステムにすることはないと思う。適材適所ってのがあるから。人材も限られてるし。

前半よく観られなかったりしたんで軽く感想を。

手倉森さんは仙台を率いてたときは角田と富田の屈強な潰し屋ボランチを並べてボールを回収し、前線のターゲットマンに当てるという堅守速攻戦法が得意だったんだけど、U21 のシステムをちょっとみてみましょう。

イラク戦では4-3-3
   鈴木
中島    矢島
原川 遠藤 大島
山中 岩波 植田 室屋

クエート戦では3-4-2-1

   鈴木
 中島  野津田
山中 原川 大島 室屋
 岩波 西野 植田


まず問題なのは鈴木武蔵ですね。全然1トップ向きじゃない。快速FWといっても彼はファーストタッチでボールを上手くコントロール出来ないのでそのスピードが活きません。ポストプレーもパワー不足なので相手を背負っての我慢ができない。どちらかというと2トップを組ませてスピードを活かしてスペースに走りこませた方がよいタイプ。

コンサドーレ札幌の荒野をここに置く謎采配もやってますが、荒野は札幌では右のサイドハーフです。FWなんかやったことないです。札幌でもここは内村・前俊・都倉っているんで使われることはまずない。鈴木武蔵よりボールは収まるし、シュートも上手いけど、裏を取ったりマーカーを外したりなんてみたことないわ。そんなに足も速くないし。

鈴木武蔵が1トップ、2列目がサイドアタッカーではないカットイン型の小型ドリブラーの中島と矢島を並べたせいで、イラク戦の前半では全然前線でボールが収まらなかったですね。

野津田を使った方がボールは収まるでしょうが、フィジカルの強い異色パサーなのでサイドに張ってプレイしてもいいことは何もないのでシャドーかトップ下の位置に置きたい。

ボランチが技巧派2枚ってのも他にいないのか?

それと4バックの場合、山中はレイソル時代から対人の弱さは変わらずで簡単に体を入れ替えられてるし、室屋はスタミナはあってもクロスに対してボールウォッチャーになったりとSBの守備能力はちょっと疑問なんで相当に怖いです。

さて色々と組み合わせやシステムを試していくんでしょうが、アギーレJAPANは全貌がさっぱりわからないけど、こっちは人材が限られてるんで弱点もはっきりしてくると思います。

アジアでは空中戦の強さを活かして岩波と植田が中澤&闘莉王化して何とかごまかせそうな気もします。

南野が入ってくればまた変わるんでしょうが…あ、オーバーエイジ枠もあるのか?
⇒⇒⇒ 人気blogランキングへ
サッカー データ革命 ロングボールは時代遅れか
posted by dekasan at 21:46| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。