2014年09月10日

「もしかして…」キリンチャレンジカップ 日本vsベネズエラ

水本と川島のやらかしで相当怒り心頭です。

ザックJAPANというか本大会でシステム変更する前の岡ちゃんの時からそうなんだけど、日本の場合、純粋なサイドアタッカーをおかなかった(いなかった)ので、サイド攻撃をサイドバックの上がりに頼るという特徴があった。

これがハーフナーや豊田へ向けてクロスを上げてプレイをやりきってしまえばそうでもないのだが彼らは使われず、中央でショートパスの交換で攻めるとサイドバックまで上がった状態ではモロにカウンターを食らうという弱点があった。

今回のアギーレ4-3-3はアンカーを置いて重心は低め、逆足のウイングを置いた堅守速攻と思われる。カウンターを食らうリスクは減るが、逆にカウンターはしやすくなる。

2トップ気味に柿谷と大迫を残しておけば、大迫のポストから柴崎→裏抜けの柿谷という戦法が使える。
ただ、本田が過労死しそうだが…まあそのために細貝を後ろに置いているのかもしれない。

て思ってたら早くも問題が。ザックのときは1トップは左右に流れずに相手CBと駆け引きして深さを作り、トップ下の本田が守備ブロックの隙間でボールを受けてキープすることが出来た。

けれど、トップ下を置かない場合、大迫はモロにマーカーを連れてきて、なおかつボランチにも挟まれてポストもままならず。一度、大迫ポスト⇒森重⇒柿谷裏抜けだしはあったけど、柿谷のシュートはキーパーの足にぶつけてしまう。

じゃあ、本田に預ければいいじゃん!と思いきや、サイドの位置でもらってもするどい反転が出来るわけでもないので細貝や酒井に返すぐらいしかすることがない。というかこの3人の組み合わせでサイドからビルドアップは無理があるような…。

後半、岡崎・武藤を投入で、さらに混乱するのでは?というか意味わからんと思っていたら、岡崎が裏に抜ける動きでひきつけてロングボールのこぼれを拾った武藤がそのまま決めちゃった。

わからんもんだね。

で、この2試合でどうにもビルドアップがぎこちないんですが、システム上、本田の鬼キープと香川の反転が使えない・遠藤不在ではしばらくこんな感じだと思います。それに2列目はハードワーカーを置いて逆足のウイングで速攻だと今の前の3人はかなり流動的に変わると思います。全然機能してないもん。これなら本田を使わないで一人でボールを運べる宇佐美の方がうまくいくような気がします。さらに香川も入ってくると確実にカオス。

それと吉田の相棒をどうするか問題は残ります。水本も坂井もかなりがっかりな出来でしたので。

さらに言うと試合後の会見を見るとアギーレは給料分の仕事しかしないタイプかもしれない。そこは選手達の可能性を信じていたザックとは違う。だからアギーレにマジックはないと思う。さらに言うとこの2戦ではアギーレは守備はともかく攻撃に関しては選手まかせな気がします。あまりに整理できていない。今は色々と試している期間であっても…。

⇒⇒⇒ 人気blogランキングへ
サッカーの新しい教科書 戦術とは問題を解決する行為である
posted by dekasan at 00:29| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。