2014年09月06日

「普通に負ける」キリンチャレンジカップ2014 日本-ウルグアイ

まあ最初なんでそんなに感想はない。

システムは4-3-3だけど森重アンカーの細貝サイドハーフ、皆川が3トップの中央、坂井がセンターバックでびっくり。

「まさかハイプレスではめるのか?」と思ったら、そんなことは全然なくてリトリートしてほぼマンマークでついていくという守備でした。4-3-3のプレスだと3トップの中央と片方のサイドでサイドバックへボールを持たせるようにプレスをかけパスコースを限定、中央の3枚のMFで網をかけてボールを回収、というのが形なんだけど、そういうシーンはなかった。むしろ、岡崎がプレスにいったときに、後ろがついてこなくてカウンターを食らうところがあった。

さて、そんなもんだからボールを奪っても位置は低め。なのに前3枚が鈍足なのでロングカウンターが使えない。自然と皆川のポストで頑張るいつかの鈴木師匠攻撃へ。かといって本田や岡崎が下がって背中を向いてボールを一度はたいても受けるのが細貝・田中ではオシャレに展開してくることもなく。仮に柴崎を使っても本田の後ろに配置すると守備がおっかないしどうしよう?

ビルドアップもアンカー森重だとディフェンス面の強化は認めても展開力では遠藤に劣る。アギーレに言わせれば3DFの中央って位置づけみたいだし。

ザックの場合、原博実が本大会で戦術を変える以前の岡田監督のチームに戻して戦った試合を参考&ベースにして徐々に変更していったのに対してアギーレは大胆にいじくったので、ウルグアイ相手ならまあこんなもんでしょう。

初戦を見るとアギーレ戦術は堅守速攻って感じですかね。

ただ、日本人のことをあまりわかってない気がする。途中、4-4-2に変えたけど、2トップを採用しているチームの選手はそんなにいない。それに、あの位置に柿谷を使ってもいいことは何も起こらない。

当面は色んな選手を試しながらやっていくんだろうけど結構辛抱強く我慢する日々が続きそうな気がします。

⇒⇒⇒ 人気blogランキングへ
戦術リストランテIII 「ポスト・バルセロナ」の新たな潮流
posted by dekasan at 13:48| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。