2014年08月26日

たまにはコンサドーレ札幌の話をしてみる

本日スポニチを見たら『札幌連敗を止める』と見出しがついていて吹きました。

そりゃ4連敗の後の引き分けだから連敗が止まったことは事実だけど、ホームで相手は下位で連敗中の栃木なんだから、タイトルは『札幌また勝てず』だろ?普通。

私があんまりコンサドーレ札幌の話をしないのは理由があって「結局、金を集めろ!」ってことに終始しちゃうから。

えーと今の強化費用って3億ぐらいですかね?

チームの目標はJ1昇格って言ってますけど、そうじゃねーわ!J1定着だから!

J1に上がってしまえば何とかなると思っても矢萩時代にそれで失敗してますからね。

J1残留しそうどころか優勝もあり得る鳥栖で7億ぐらいですかね?鳥栖の半分以下の強化費用しかないんじゃ話しになりません。

まあチームというか、首脳陣が本気で今年昇格を狙っていないことは確かです。
だって、トップチーム率いた経験のない監督を継続させてるんですよ。

強化費用もJ2の中で多いほうではなくて、監督が財前でJ1昇格なんて無理な話です。

毎度、最後に都倉と丁入れて放り込むなら誰が監督やったって同じですよ。

でも、お金がないから監督変えられないってことになって…回る回るよぐるぐるお金の話。

まあ昨日の試合は見てないんだけど得点シーンがYoutubeにあがってたんで見てみました。

J2第28節 札幌vs栃木(1-1)



スポニチの記事で河合が「あれはスーパーゴール」って書いていて吹いた。

これが強がりではなくて本気で言っているとしたらサッカー脳が劣化してますよ。

最初のポジショニングがまずよくないです。スペースを埋めてるだけです。その後、石井にサイドを見ろ的なことを言ったのか指示したのかわかりませんが、そんなことをやりつつただ歩いているので栃木に数的優位を作られてます。

結局、石井や荒野が自分のマークを捨てるわけにもいかず、どフリーの選手にミドルを食らう結果になっています。

まあ、ちょっとこれは酷いですね。

石井は本職の右サイドバックじゃないから、ここ狙われそうなんだけど、河合がこれだと頭を抱えるしかないです。

上原の得点シーンも、栃木のDFの体の向きがおかしいです。これじゃあ、ミドル打つなりクロス上げるなりお好きにどうぞ!ってことになります。内側をわざと空けてトラップしたところをかっさらうってのは無理。体を入れられて右足でボールを運ばれたらまず取れません。内側を切ってサイドの方に誘導するのがベストです。

そんなわけで、財前さんはポゼッション指向のサッカーを目指してるそうですが、そんなサッカーにはなってませんよ。結局、後半途中から放り込みしてるし。

だって、DF陣がパウロン・奈良・櫛引・上原ですよ。パウロン・櫛引なんてフィードセンスゼロじゃないですか?

まともにビルドアップできないんだから、小野をボランチに使って、最終ラインに降りてゲームメイクさせればいんじゃないでしょうか?その発想はないのかなぁ?

正直今のメンツなら若手使って走るサッカーやった方が効率がいいと思います。

ポゼッション指向のサッカーするなら、そういう選手を集めないと、ってことになって、うわぁ結局またお金の話。
⇒⇒⇒ 人気blogランキングへ
サッカーで大事なことは、すべてゲームの中にある2 : クローズアップ ブラジルW杯のスーパープレー
posted by dekasan at 20:58| Comment(0) | コンサドーレ札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。