2014年07月10日

「ファン・ハールつまんね」2014 FIFA ブラジルW杯 オランダvsアルゼンチン

ファン・ハールがいかにしてメッシを封じ込めるかを楽しみにしてたのに、こんなにも睡魔に苦しめられる戦いを見せられるとは思わなかった。

普通にデ・ヨングをメッシのマーカーにつけて、引いて守ってカウンター戦法だった。対するアルゼンチンもメッシとイグアインを残してカウンターなのでお互いににらめっこ状態。

前日の派手な花火大会とうってかわって地味な線香花火です。

まさか決勝トーナメントで、しかもオランダvsアルゼンチンというカードでこんなガチガチなサッカーを見せられるとは・・・。

確か、ファン・ペルシ、ロッベン、イグアイン、メッシ、アグエロといった豪華メンバーがいたはずだが・・・。

大迫、本田、香川、岡崎を並べて攻撃的にいこうなどと考えた俺たちは間違いだったのか?ファン・ハールに説教されるかも?と思っていたら彼もやらかした。

交代カードを3枚切っちゃったのでPK職人GKクルルを投入出来ず、そのままPK戦へ。

生涯一本もPKを止めたことがないというシレンセンが無抵抗のままにやられて終了。というかこの人本当にPK下手だなぁ。マキシ・ロドリゲスのキックを両手に当てながら後ろに逸らすというボーンヘッド。しかしアルゼンチンってW杯の舞台でPK戦異常に強いね。負けたことあるのだろうか?

こうして決勝はドイツvsアルゼンチンという1990年イタリア大会以来のカードに。

数々の奇策や戦術変更を行ってきたファン・ハールだが今回だけは完全に裏目でしたね。

3位決定戦がブラジルvsオランダですか?失意のブラジルを蹂躙するオランダが見られるのか?はたまたやっぱり5-3-2カウンターなのか?うーん、絶対後者だなぁ。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
徹底図解! 誰でもよくわかる サッカー戦術、フォーメーション事典 (LEVEL UP BOOK)
posted by dekasan at 22:04| Comment(0) | FIFA2014ブラジルW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。