2014年06月25日

「終戦」FIFA 2014 ブラジルW杯 日本vsコロンビア

ため息しか出ませんね。

この試合でいえば、3戦目で攻めて勝たないといけない状況でカウンターが得意な相手は最悪だったってことです。2戦目で勝っていればまた違ったプランもありえたんですけど。

8人入れ替えといってもそれだけ相手はフレッシュな状態ですからね。クアドラードもいたし(バルサがアウベスの後釜にの噂、もともとサイドバック)、ドルトムントに移籍するラモスもいたし、ポルトガルリーグ2年連続得点王のマルティネスもいた。

「二軍」と一言で判断するのはちょっと乱暴。

今野のポカで相手の狙いを最初っからはっきりさせてしまったのも敗因のひとつ。というか軽率すぎる。相手は4-1-4-1で守り、アンカーを置いて本田にボールが入ったところで潰してカウンター作戦です。

2失点目はハメス・ロドリゲスの進入を許しちゃったのが原因ですが、左利きの選手が斜めに左からカットインしてくるとボールが遠い位置にあるので取りにくいのは確かですが、距離を置きすぎなんです。というかそれやられないように最初から右を切っておけよと。この場面だけマーク外しちゃったんですよね。

オランダとの親善試合でロッベンにやられたときも長谷部が切り替えされて抜かれるのを恐れて距離をとっちゃったのがよくなかった。ザックは遅らせるんじゃなくて後ろを気にせず止めに行けって指導してるんですけど。

右を切ってサイドに誘導して利き足じゃない方でコントロールさせるって手もあるんですが、このシーンは本当いただけなかった。人数もいたのにね。ってあらためて見ると青山だったね中に入れさせちゃったの。

山口との交代は正当だった、というかハメス・ロドリゲスのところを逆に潰して柿谷のカウンターで仕留める作戦だったんですね。なのにみんな本田に集めちゃう。

3失点目は本田にボールが入ったところで潰されてのカウンターです。これも本人狙われてるのわかっててサイドに逃げてたりしてたんですが、あの場面で逆襲くらうような真ん中にパスを入れるなと。

この失点の前に長谷部が密集地帯にいる本田に縦パスを入れて進入を試みて失敗してカウンターくらってて、あぶねーなーと思ったら同じことやろうとして、カウンターへの戻りが遅れてるんですね。

長谷部のポジションってベストは4-3-3の真ん中3の右、ボランチではないです。

やっちゃダメなプレーは即失点に繋がるってことです。長谷部が足滑らせてのボールロストも危なかった。あれやられてたら前半だけで終わってた。

[今回のワールドカップであらためてわかったこと]

・W杯に出てくる相手クラスに守備力に難のある選手2枚近くに並べただけでそこが穴になる
・高温多湿で雨も多い地域でピッチも悪い状態だとパスサッカーは不利
・逆にこの環境では省エネカウンターサッカー最強
・高温多湿の環境でスタミナのない本田を遅くまでひっぱると危険
・トップ下しか出来なくサイド不適格って烙印押された形の香川はファンハールに干される可能性大、ルーニー・マタの次の三番手
・何人かの選手は明らかに初戦びびっていた。メンタルトレーニング必須。
・有名選手をリスペクトしすぎ
・采配とか闘莉王入れろとかの問題ではない
・親善試合やアジア相手で点の取られ方がしょうもない場合は本番でも出る
・監督が選手に妥協するとロクなことにならない

それでもまだサカつく的発想で新しい監督とメンバーの議論がされると思うと気持ち悪くなってきました。

今回の結果はこれからの代表チーム作りに色々と考えさせられることになりましたね。

総括的な記事はまた後日。
⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー日本代表をディープに観戦する25のキーワード
posted by dekasan at 21:30| Comment(0) | FIFA2014ブラジルW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。