2014年06月20日

「完全に終わってはいないが」2014 FIFA W杯 日本vsギリシャ

4年前、アルベルト・ザッケローニが日本代表の監督になると聞いて、実は随分期待していた。

確かに当時「旬」ってわけではない監督。それでもセリエC3から着々と実績を重ね、スクデッドまで獲った優秀な監督である。

それに岡田監督時代、「日本人はディアゴナーレを知らない」とか散々イタリア人監督に叩かれていた。

世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス〜イタリア人監督5人が日本代表の7試合を徹底分析〜 (COSMO BOOKS)

だから、イタリア式ゾーンディフェンスを教えてくれると思っていたし、ザックといえば3-4-3だ。

サイドチェンジ禁止・バックパス禁止・ウイングはワイドに張って幅を作る

サイドに早く展開し攻めきる縦への推進力、今までの日本にないエッセンスを導入してくれると…。

ところが3-4-3はちっともうまくいかなかった。理由は代表メンバーの中心選手がこのシステムに全然向いていなかったから。

まず、純粋なサイドアタッカーがいない。候補となる宮吉や宇佐美が全然育たなかった。サイドに本田を置いても足が遅いのでそこで詰まってしまう、かといってCFの位置に置いてもマーカーを外せない、香川をサイドに置いてもすぐに中に入ってパス交換をし始める。システム上CFが孤立しがちなのでボランチの上下動が要求されるが、この役割は遠藤にはまったく向いていなかった。結局、本田も香川も中央に集まるので肝心のサイド攻撃をSBの上がりに頼ることになってしまう。3-4-3ではなく3-4-2-1。

結局、システムは4-2-3-1へ。選手の意見も考慮してショートパスとショートカウンター主体のサッカーになった。

ここでそれなりに機能してしまったのが間違いだったかもしれない。ザッケローニが戦術的にも選手とのコミュニケーションでも融通性がある程度利く監督だった。

これが途中で「日本人全然やってられない!」とブチ切れてくれた方がよかったかもしれない。

遠藤・長友・香川で左サイドを崩し、右の岡崎で仕留める攻撃はアジア相手でそれなりに機能した。

だが、このシステムの構造的な問題はずっと放置されたままだった。

素人目にもわかる問題は左サイドの高さ不足、遠藤と香川の守備力の脆弱性。

この弱点はすっかり露呈していたが、アジア相手ならごまかしが効いていた。北朝鮮やウズベキスタンにこの弱点を突かれたことがあったが予選突破に直接響いた試合ではなかったため、目立たなかった。

実はザックは3-4-3をあきらめていないと思っていた。3-4-3ならストッパーを1枚増やせるので高さ不足を補えるし、左サイドの脆弱性は長友を高い位置に置いて押し込んでしまえばいい。

しかし3-4-3は封印された。4-2-3-1がすっかり固定され、サイドチェンジやバックパスもいつのまにかOKになった。

オランダやベルギー相手にフラットに殴りあうぶんには善戦できるところまでは出来ていた。

だが、ちょっと強い相手(コートジボワール)が日本を研究しプレスを回避、「自分たちのサッカー」が出来なくなると弱点をモロに曝け出す。

「香川と遠藤を併用すると左サイドを守りきれない」誰もが気づいていたはずだった弱点をこの大一番で突かれた。

オシムがユーゴスラビアの監督時代にピクシーとサビチェビッチを決して同時に使わなかったのはファンタジスタを2枚使うと守備に綻びをきたすから。

そして、ギリシャ戦。ギリシャもコートジボワールと同じようにボランチを1枚下げてサイドバックをあげる。

そこで、ザックは香川と遠藤を外して、左に岡崎をまわしてボランチに長谷部を置き、運動量でカバーしようとした。

実はここで斎藤を左ウイングに置いた 3-4-3をやるのではないかと思ってました。ギリシャのビルドアップに枚数合わせのミラーで戦えばいい。

左サイドを斎藤のドリブルからのカットイン、長友のオーバーラップで蹂躙する作戦である。そのために斎藤を選んだのだと。

「実はこないだも 3-4-3 を用意してたんだけど準備するまでにやられちゃったんです」みたいな。

全然違った。ノーマルに戦った。

早い時間帯に先制点が取れれば勝つチャンスは十分にあったが、ギリシャが一人退場になったため、引きこもって守る戦法に変えてしまった。

4-4-1の8枚ブロックで守り、奪ったボールはサマラスに預けてファールを誘いセットプレーを得る戦法へ。

遠藤と香川を投入するも、さすがに8枚ブロックは堅く日本は引きこもりニート相手に点が奪えず終了。

終盤、斎藤をなぜ出さないんだという意見もあったけどスペースがないと斎藤はちょっと…まあ、出してもよかったけど。

実は青山を入れようか迷っていたそうだけど、結構日本もバテててカウンター食らいかけてた分もあった。
変にカウンターでやられるくらいなら吉田をあげてパワープレーでやりきったほうがいいと考えたのもまあ悪くはない。ただし、それなら豊田を選ぶべきだったし、森重だっていたよ。

というかギリシャ戦はウッチーと川島以外の採点はみんな0点の出来です。一人相手が少ないにも関わらずボールを持ち運びに前に出てこない吉田と今野は−20点です。

さて、まだ完全に終了したわけではなく、ここで総括的なまとめをしちゃったのも心苦しいんですが、今はコロンビア戦への展望なんてまったく考えられず、本田と香川を併用する形さえみえません。勝たなきゃいけない相手にクリスマスツリーをやるってのも…ふう。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー日本代表をディープに観戦する25のキーワード
posted by dekasan at 21:57| Comment(0) | FIFA2014ブラジルW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。