2014年06月16日

「重馬場に泣く」2014 FIFA W杯 日本vsコートジボワール

正直わけがわからない。

あれだけ「自分たちのサッカーをやる」と言っていたはずなのに、ハイプレス&ポゼッションを放棄した。

暑さと湿気、降りしきる雨で90分は持たないと判断したのか、監督の指示なのか、コンディションのせいで足がついていかなかったのか、
はたまた単純に弱気だったのか?

おそらく、後者の方だろう。なぜなら大迫と本田はプレスに行っていた。だけど、後ろがついてこなかった。

原因のひとつはコートジボワールのビルドアップ方法にあった。

コートジボワールのCB2枚はビルドアップがうまくない。そこでボランチ1枚がCBの位置まで下りてきて3バックの状態にして両方のサイドバックを上げる。もう1枚のボランチとCBとSBで下りてきたボランチでトライアングルを構成する、ウイングが中に絞る、ヤヤ・トゥーレもボールを受けに下がる。

ロンドンオリンピックでメキシコが日本のプレスを無効化した方法と同じです。

香川と岡崎が両方のサイドバックをケア、ボランチがヤヤ・トゥーレと中に絞ってくるウイングを気にしてます。

大迫と本田のプレス2枚ではめにいっても相手は3枚で回してるので余裕、楽に相手のもう1枚のボランチにフリーでボールを配球されています。

山口と長谷部のどちらかがここを潰しにいけばよかったんですがヤヤ・トゥーレと中に絞ってくるウイングを気にしすぎ。

中に入ってくるウイングはSBにまかせて山口がヤヤ・トゥーレを見て、長谷部がボランチを捕まえに行くって約束にしちゃえばよかったんですが…。

フォーメーション

結局、真ん中にぽっかり開いたスペースをボランチに使われてしまいます。

これでどこでハメるのかわからなくなっちゃったと。
いや、山口はこれロンドンで体験してるはずなんですけど、終始ポジションは後方です。

早めに先制点が取れたのもかえってよくなかったかも?重心が後ろすぎることになっちゃいました。

どうせなら前プレスやめて、本田が下がってもう1枚のボランチを見るような感じでリトリートしてからカウンターでサイドバックの裏をつくってことにすればよかったかも?アトレティコ型圧縮4-4-2ですね。

その場合、大迫じゃなくて柿谷だったなと。それに省エネサッカーやるなら、そういうメンバー構成にしなきゃ。

で、その結果どうなったかというと、パス本数もパス成功率もポゼッションも圧倒的に少なかった。

ポゼッション

いや、日本の生命線が全部ダメじゃん。前半はポゼッションもっと低かったですからね。これじゃ勝てるわけありません。ちなみに走行距離はコートジボワールより10kmほど多いです。

後半、ポゼッションを回復しようと思ったのか遠藤投入。確かに数分ぐらいは攻撃は良かったんですけど、結局はこれが裏目に出ました。

監督は意外と日本のこと研究してたようで、ドログバ投入と同時にジェルビーニョを右サイドに変更。

さて、失点シーンですが、香川が左サイド前方でフリーになっていた大迫を無視して本田とパス交換しようと中に入ってきたところを本田が潰されて、右サイドのオーリエに展開されてどフリーでクロスをあげられています。

この時、もう本田はだいぶんバテテるんで危ないと思ったんですが…。本田の弱点はスピードとスタミナの無さです。本田はスタミナなくなると走り方が変わるんで気づけって感じですが、それ以前に本田がマーカー2枚しょった状況でこのパスは完全に香川のミスです。相手の右サイドバックが高い位置にいた状況で中でパスカットくらえばどういうことになるかって判断が出来なかったのは嘘でしょ?としか思えません。

2失点目も香川が中のボランチの方に寄ってきてオーリエをフリーにしてしまいました。
この時、遠藤はジェルビーニョを見失った中途半端な位置に立ってます。

ラムシ監督ちょっと舐めてました。寄せられる前にニア側にアーリークロス入れて空中戦ってのは作戦どおりかも。

結果論ですが、ドログバが投入される前から今野入れて3-4-3をやればよかったんじゃないでしょうか?

3-4-3をやらないまでも香川下げて、今野をSBの位置に入れて長友を一列あげてワイドに張らせてもよかった。

ドログバが投入される前からザックとコーチが言い合いしてたんですが何を話してたんでしょう?

しかし、負けるにしても正しい負け方ってのがあります。こんな腰の引けた戦いをするとはがっかりです。

さて、香川と遠藤を併用して左サイドに置いたんじゃ守りきれないってことが証明されたんで次はどうするんでしょう?

あと重馬場ではこの二人じゃ軽量級過ぎて持ち味が消されるんでスコールが降るようなお天気だと2枚取り換えってこともあります。

いや本当にどうするんだろう?ザックは選手の自主性を重んじて、中に入りたがる香川とかサイドチェンジとかを容認してきたけど、もう負けられないこの状況では大胆なことをしてきそうな気もしますが…。
⇒⇒⇒人気blogランキングへ
posted by dekasan at 21:23| Comment(0) | FIFA2014ブラジルW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。