2014年06月14日

実現の条件 本田圭佑のルーツとは

photo
実現の条件 本田圭佑のルーツとは
本郷 陽一
東邦出版 2011-06-17
売り上げランキング : 12496
評価

by G-Tools , 2014/06/14


『もう何度も言ってるように優勝しかないですよ』とW杯についてメディアに答える本田だが、それは子供の頃から口にしてきた彼の夢。

小学校の卒業文集に「セリエAのチームに入って10番をつける」と書いたことは今でこそ有名なエピソードですが、大抵の人は幾つかの挫折を重ねることで子供の頃の夢をいつの日かあきらめてしまいます。

だが、決してあきらめない男がいました。

・ガンバ大阪ジュニアユースでは家長の影に隠れてユースに上がれず星陵高校に→後に代表での立場は逆転
・横浜Fマリノスの練習に参加したが岡田監督から「スピードがない」「運動量もない」と低評価→後に南アフリカで岡ちゃんを救う
・北京オリンピックで活躍できず、有名クラブ入団の目標が絶たれ、VVVに移籍するも「お前がゴールを決めているのはYoutubeのなかだけ」と酷評されチームは2部落ち→キャプテンとしてゴールを量産しチームの1部復帰に貢献MVPとなる
・CSKAモスクワに幽閉される→セリエAのACミランに移籍し背番号10をつける

それはおそらく今でも…そんな心が折れない男:本田圭佑のルーツを彼の祖父や叔父、同級生や指導者にインタビューして探った本です(実は本田非公認。本人の許諾なしに取材・発行しちゃったらしい。


感じたのは異様なまでの負けず嫌いとサッカーに対する取り組み方の違いです。

『リフティングだけなら300回でも500回でも僕は出来ます。でも動き回ってそれが出来ても意味がない。1対1の勝負なら20cm内の狭い範囲で
動かず20回30回と続けられる方が価値はある』

これ、小学生のセリフじゃないです。練習に対する取り組みの発想が違う。

ガンバ大阪ユースに上がれなかったときも『ガンバには行かないことにした』って周囲に言ってます。

そして、先日NHKの「仕事の流儀」の放送でバーに当てる練習がありましたが、あれ実は中学生の頃からバー当てゲームというのをやってたんですね。つまり全然変わってないんです。

時に「ビッグマウス」と言われる本田ですが、「高い目標を公言することでハードルをあげてそこに向かうモチベーションを維持している」と思ってたんですが、どうやら違うみたいです。

「本当に世界一になりたいから努力するのは当たり前なんで最初から出来ないと思ってたら絶対出来ない」って思ってるんです。

というわけで、ワールドカップでの日本の戦いを楽しみましょう。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
posted by dekasan at 12:41| Comment(0) | サッカー本レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。