2014年05月02日

バルセロナ戦術アナライズ 最強チームのセオリーを読み解く

photo
サッカー バルセロナ戦術アナライズ 最強チームのセオリーを読み解く
西部謙司
カンゼン 2011-06-11
売り上げランキング : 124990
評価

by G-Tools , 2014/05/02



2011年6月出版ですのでちょっと古いですが、2010〜2011年は実にクラシコが5試合もあった貴重なシーズンでもあり、この時のグアルディオラ率いるバルサは最強でした。また、このシーズンのレアル・マドリッドの監督はバルサキラーのモウリーニョです。このシーズンのレアル・マドリッドとの戦いやCLでのアーセナル戦などの解説をしながら、バルサの戦術を読み解く書籍です。

[内容]
□エル・クラシコの衝撃
□ドリームチームのデザイン
□ドリームチームの足跡
□ドリームチームから現在まで
□カルロス・レシャックのバルサ論
□バルセロナ式を読み解く
□日本とバルセロナ

面白かったのは、カルロス・レシャックの部分。
レシャックといえば元横浜フリューゲルスの監督でもあり、「ナプキンでも何でもいいから早くサインさせろ」とメッシを発掘した人でもあります。何かの本で読んだんですが、レシャックは「ボランチはセンターサークルから出てはいけない」と言って、フリューゲルスではパス回しの練習ばかりさせられていたと現横浜FC監督山口素弘は述べてます。当時「今からパス回しの練習しても上手くなるのかな?」と疑問に思ったみたいですが、本当にパス回しだけは上達したと語っています。そんな、レシャックがバルセロナの戦術体系を細かく解説してくれてます。

また、びっくりしたのが FCバルセロナスクールのコーチ村松氏のお話です。

村松氏は『フットボールとは戦術である』が前提で、高度なテクニックがなくてもバルサのサッカーは出来る、むしろバルサの戦術で要求されるテクニックは少ないと言います。

また普通の小学生相手のスクールでは、インサイドキックやドリブルなどの基本技術を覚えてから戦術練習に入りますが、このスクールではまず「ボールの動きとポジショニング」から始まります。いきなり戦術なんです。

『テクニック重視、ドリブル重視の指導は犠牲者が出る』ともいい、普通のスクールではテクニックが上手な子はどうしてもMFをやりたがり、一人でボールを運んでしまい、あまりボールが来ないサイドバックをやりたい子が少ない傾向がありますが、FCバルセロナスクールでは、ボールがいっぱい来るのでサイドバックをやりたい子がたくさんいるそうです。

バルサではトップチームでもバックパスを多用します。無理に攻めてボールを失うくらいならバックパスでDFに戻して、時にはGKまで戻して再度攻撃のチャンスをうかがいます。スペイン語で「ア・カーサ」と言って、家に戻るという意味です。センターバックのDFは基本的にフリーなのでボールを失うことは少ないです。仮にDFにプレッシャーがかかっているとしたら、前方のどこかで誰かがフリーになっています。

日本でバックパスばかりしていたら「ボールを下げるな!」と言って怒られるかもしれません。

バルサにとってフットボールとはテクニックやフィジカルではなくてまず戦術なんです。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
posted by dekasan at 00:13| Comment(0) | サッカー本レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。