2014年03月06日

「いやいやこんなもんでしょ」国際親善試合 日本vsニュージーランド(4-2)

W杯直前の2試合がニュージーランドとキプロスということで、もっと強いとことやれ!とか言われてますが、海外組が自クラブでの試合に出た上での長距離移動直前合流。コンディションが良くないのは想定済なはずで、ここで妙にガチな相手にハードなコンタクトプレー受けてもって感じ。どこかの某サッカーライターが韓国とやれ、とか言ってますが、怪我でもしたらどうすんだよ?

一応、この試合は、2011年3月に対戦が組まれていたが、東日本大震災の影響により中止になった件で、後からザッケローニ監督が要望したものである。収益の中から500万円を義援金としてニュージーランド連盟に、同じく500万円を東日本大震災のサッカーファミリー復興支援金に充てることになっている。

前半、ニュージーランドが1ボランチという強気な態度の割には、全然プレスにこないというゾーンディフェンスなんで、一人かわせば中盤の左右がスカスカ。そんなわけでボカスカと4得点。

失点は酒井がフワフワしとるなーと思ったら緩いプレイでブチ抜かれたのと、ウッドがファウル気味に森重を押したっていうかファウルでしょ?クロスした相手をじっと見つめて寄せにいかない本田。

後半グダったのは、さすがに、後半はニュージーランドも引いてから前に出るという戦法をとったのと、本田と香川のガス欠&遠藤がボールを持っても誰もよってこない&清武が完全に行方不明のせいです。

試合内容や采配にご不満の方(お杉・セル爺)もいるだろうけど、勝つための采配と確認のための采配は違います。6−0ぐらいでボコれば気がすむんでしょうけど。

では以下、気になった点
・清武はニュールンベルグみたいなチームにいるせいか時々行方不明になる。
・細貝はヘルタベルリンで完全に猟犬タイプに特化しているせいかビルドアップが・・・。
・大迫はデコイ&ポストに頑張るも、普通に本田&香川が中盤で前向けるんでファーに逃げるしかすることがなくて不憫。
・酒井高徳はスペースに飛び出すってことが一歩遅い。もっと高い位置に行きたい。中に入って仕事したがる清武&猟犬細貝だと右サイドが停滞。
・青山&山口のコンビもそんなに悪くないんだけど、真ん中での起点という意味では物足りない。遠藤&山口がベストかなぁ。長谷部はちょっと間に合わないかもだし。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー好きほど知らない戦術の常識
posted by dekasan at 11:45| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。