2014年02月28日

マンUがやっぱりひど過ぎる件

アゥエーとはいえ、CL決勝トーナメントに進出した16チームのうちで最弱と言われてたオリンピアコスに負けるという、もはや笑いが止まらないモイーズ劇場。

一応、ヒートマップをあげとくと
oly.jpg

実に素晴らしい典型的な負けっぷり。いつもの4ラインが後ろで固まってて左右にパス交換するだけ。中を固められてるからサイドに展開するけど、サイドの縦のスペースを埋められてるのでバックパス、もしくは無理やりなクロスでボールロストというお約束。

後半、途中から香川が入ったんだけど


いや、香川はいつものようにブロックの隙間でボール貰いに動いてるんですけどね。香川にボールが繋がればチャンスになってるんだけど・・・。本当にバイタルで縦パス入れるなって指示でも出てるんじゃないかと。ボールしか見てないヤングのクロスには泣けてきました。

試合後にファン・ペルシーは「チャンスがなかった。スペースがない。仲間の選手が本来の私のゾーンでプレーしている」とコメントしたことが問題になってるけど、クロスにファーに逃げる動きで他とかぶったり、ルーニーが前で張ったままでボールロストしても歩いてたりで、攻撃のお約束が全然整理できてないんだと思います。

マンUはクロースを獲得するとかいう噂がありますが、いくらクロースが走力を活かしてスペースに飛び込んでも、そこにパスを出す人がいないんじゃ、同じことじゃないでしょうか?だからクレバリーの代わりのボランチを取れよ。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
知られざるペップ・グアルディオラ サッカーを進化させた若き名将の肖像
posted by dekasan at 19:49| Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。