2014年02月26日

「疑問は多々ある」サンフレッチェ広島vs北京国安(1-1)ACL1次リーグ

昨年度のプニョドコル戦でのあまりの虚無感に「森保やる気ねーだろ!」と怒り心頭だったのですが、さて今年はACLどうするのだろうか?

北京国安は蹴ってくると思ってたけど、4-2-3-1(守備時4-1-4-1)の布陣でべったり引いた上にちんたらビルドアップで繋いできます。サイドの対応はボランチがスライドしてという感じでしたが、右サイドの石原の動きにつられて、ミキッチをフリーにする場面が多々ありました。前半は幾つかチャンスがあったんだけど、アタッキングサードでのプレーの精度があまりにも雑過ぎで無得点。

後半、エクアドル代表の選手に、ファン・ソッコが出られないようにブロックするスクリーンプレーでフリーでクロスをあげられて、それがコーナーキックに繋がったところで失点。

結局、前半で相手のちんたらボール回しに付き合ってしまってスローペースの展開にしちゃったのが引き分けの要因のひとつ。中2日でマリノス戦みたくハイプレスってわけにもいかないだろうけど、もともと、広島はポカスカ点を取れるチームではありません。元来は「相手を嵌める」サッカーなので、先制点を取られて、相手が引き込もるようになると、高さがないのでキツイ。

今日は、高萩、清水、森崎、柴崎とレギュラー級をケガで欠いたのでしょうがないってのもあるけど、リーグ戦はともかく、ACLは本当どうすんのかね?このグループ予選はセントラルコーストの一弱って感じなんで、北京相手にホームで引き分けってのはそれなりに痛いぞ。

以下、気になった点

・佐藤寿人が少しづつ力が落ちてきていると思うのは俺だけ?いや、昨年の後半あたりから結構やばくないか?
・丸谷は守備はよかったと思う。ただ、左サイドで野津田で組むと攻撃が淀みがち。加えてファン・ソッコだと色々と大変そう。右サイドの石原だけはがっちり押さえとけ守備の対応をされると?

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
日本代表ベスト8 ブラジルW杯・対戦国シミュレーション分析 (サッカー小僧新書EX006)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。