2013年11月20日

「ベルギーくそつまらん」国際親善試合 ベルギーvs日本

かっての「赤い悪魔」は、確か2002年W杯の予選でオランダ相手に最大の悪役を演じ、そのしたたかな戦いでオランダを予選敗退に葬った、クリーンというよりもどちらかというと狡猾なイメージである。

なんせ、ベルギーを率いているのが、2002年W杯で日本のフラット3を簡単に突破したヴィルモッツ。

で、どんなもんだ?と思ったけど意外と弱点をみせた。

ベルギーの守備はリトリート迎撃型で、ルカクとアザールはあんまりプレスに参加せず、サイドハーフはあくまで守備ブロックを形成するまでの時間稼ぎで縦を切ってくる。まあ、デカくて速いルカクとドリブラーのアザールがいるのだからカウンターに徹するのは理にかなっているのだが・・・・。

問題はサイドの守備で、日本のサイド攻撃は快速のウイングを置いて突破するタイプではなく、あくまでサイドバックの攻撃参加が主体であり、その為、本田や遠藤がサイドに寄ってポゼッションしつつ、サイドハーフとサイドバックで数的優位を作って攻撃するのだが、本田を追い越すオーバーラップにベルギーDFの対応が遅れ酒井の高速クロスから失点した。



2点目も、サイドにするすると遠藤が寄ってきて、攻撃参加しつつ、柿谷がDFを牽制させたスペースに入ってフリーでボールを貰い、本田にパスでズドンと。全然、遠藤をマークしきれてません。



日本戦の前に、コロンビアに2失点してますが(試合はみてないけど)、この守備だと南米勢は苦手なんじゃないでしょうか?

しかし、中2日で日本はどうなることかと思ったら、森重と酒井を入れて高さ対策しつつ、川島のやらかし意外はDFラインの対応はできてたので、いつのまにかDFラインのバックアップも出来てきたじゃん。

柿谷も1G1Aで、密かに2点目もしっかり裏をとる動きでDFを牽制させたし、オランダ戦からしっかり挽回した。

それにしても、オランダ・ベルギー相手にこの戦いぶりなんだけど、失点の仕方がくだらないのはどうにかならないもんだろうか?

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー好きほど知らない戦術の常識
posted by dekasan at 19:31| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。