2013年11月17日

「前半と後半で異なる理由」国際親善試合 日本vsオランダ

ベルギー戦を控えている&守備から入るという意味で遠藤と香川を外してきた日本だが、前半と後半で全然違った理由はオランダのデ・ヨングの負傷交代がきっかけ。

チームとしての約束があったのか、前半耐えて後半勝負なのか本田の位置が高すぎて、デ・ヨングへのプレッシャーがあまりなかったので、そこから大きな展開で振り回されていた。本田が悪いというより、いつもより受身で入ったのでうまくプレスがはまらなかった(前半と後半で本田のやる気が全然違ったのも彼の方針かなぁ?)。

実は、前半もそんなに悪くはなかったんだけど、内田のやらかしと、長谷部がまったくフィルターになっておらず、ロッベンの2点目もいくらコース取りを変えてきたとはいえ、あそこで中に入ってまいてくるシュートは想定内のはずで、切り返しで抜かれるのを恐れずに間をあけずに寄せていればのお話。

後半、左サイドバックのブリントがデ・ヨングの位置に入ったのだが、この人はまったく右足がオモチャ状態。それにデ・ヨングみたいな潰し屋ではないので、本田がかなり自由に(後半になって急に本田がやる気出してきたのもある、オフザボールの動きが急に早くなったし)。さらに左CBのフラールが右利きで左足のフィードがおぼつかない。元々、オランダの左サイドのビルドアップがつたないところで、後半の日本が点をとるために前半と違って、前々からプレスをかけて、岡崎が前半と変わらぬ動きでプレスを掛け続けたことで、オランダの左サイドは完全にパニックになっていた。

しかし、オランダのDFラインってこんなのしかいないの?意外と層が薄いんだよなオランダって。ファン・ペルシみたいな化け物はたまに生み出すけど。

では気になった点をいくつか。

■内田と吉田が何回か裏をとられてた。吉田はベルギーのルカクにリーグ戦でやられてた記憶があるので心配。
■大迫が半端ない!活躍でまた選出されるであろう出来。これで柿谷の立場が微妙。特にあのチャンスを外しちゃダメでしょ?
■オランダの監督はファン・ハールでコーチがクライファート、ベンチにちらっとブリントの姿も見えていたので、アヤックス色が濃すぎ。
■日本の2点目は美しかった。歴代の代表のゴールの中でもトップだと思うくらい。
■山口がすんなりこのチームに溶け込んでいた。ボランチの序列が変わるかも?ポジション移動と寄せが早い。オシムがいう「水を運ぶ人」に近いタイプ。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー オフ・ザ・ボールの動き・戦術・トレーニング
posted by dekasan at 12:56| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。