2013年09月25日

「\(^o^)/オワタ」ACL準決勝 柏レイソルvs広州恒大(1-4)

近頃の柏はアルシャバブ対策で大谷をアンカーに置いて4−1−4−1で中盤の主軸3人をおさえるという戦法をとってきたが、この日は大谷が出場停止。で、広州は主力がムリキ・バリオスいなくなったと思ったらエウケソン・コンカの3トップなんで、このシステムはやめて4−2−3−1で栗澤と茨田がダブルボランチ。

この日のレイソルの戦法は、広州の3人の外国人トリオへのパスコースをDFと栗澤と茨田が下がり気味になって確実に潰すというもの。

前半まではそれがかなりうまくいっていた。前半だけなら「今日は3-0ぐらいで勝つんちゃう?」の出来。

だが、後半はまるで別チームになってしまった。それも全部日程変更してくれなくて中2日を連チャンしちゃうJリーグのくそスケジュールのせい。

リッピは後半からコンカを中盤に下げてゲームメイクに専念させ、エウケソンとムリキをサイドにはってから中に入るように指示。ここで、少しマークが混乱した中、意外と守備に頑張っていた茨田がたて続けに繋ぎのパスをミス、クロスを近藤が足を滑らせて、こぼれ玉をムリキにぶちこまれる。

2点目は利き足が右なのに、決していい体勢でないようにみえた左足でワンステップでコースをついたシュートをコンカに打たれる。都並さんが一瞬「え?」とびっくりしたように、こんな技術を持ってるんですねぇ。いや、もしかしたら適当に蹴ったら入ったのかもしれない。

そして、これからレイソルの足がぱったりと止まり、普通にクリアできるコーナキックのボールを栗澤がボールウオッチでエウケソンにぶちこまれる。これはもう本当にあり得ない、絶対ない、普通にヘッドでクリアするやろ?

そんなわけで、もうほぼ柏レイソルのACLは終了。またネルシーニョがぶちきれて辞めると言い出すんじゃないでしょうか?

2015年からはこの過密日程で、2ステージ制+更に三週分の試合がブチ込まれる頭のおかしいスケジューリングが決まりましたとさ。もう、これじゃぁACLなんて只の罰ゲームじゃん。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー欧州CL新戦術 2014 (SEIBIDO MOOK)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。