2013年09月02日

「香川が使われない理由?」リバプールvsマンチェスターユナイテッド

モイーズ就任で嫌な予感はしてたんだが、どうやら彼の中で香川の選択肢はかなり低いっぽい。

昨年のマンUでも、サイドをドリブル突破してクロスをあげて、後はファンペルシ君よろしくね!というある意味くそサッカーでも結果を出してきたので、これだと香川はキツイなぁと思ってた。そんなんでもファンペルシが決めちゃうからどうもならんのだけど。

せっかく、J-SPORTS4が無料放送してくれるってのに、リバプール戦では香川はベンチにすら入っていない。

この日のマンUはトップ下を置かず、ファンペルシとウエルベックの2トップ。前線から激しいプレスをかけて、攻守の切り替えを早くして、力技戦法での中央突破。なんだか凄く慌しい。

どうやら、モイーズはファイタータイプを重視して、攻撃陣にも守備でハードワークという泥臭い戦法みたい。そうなると、守備にリスクのある小柄の香川は使われないかな?仮にトップ下を使う戦法でも、ルーニーが残留したので、そちらがファーストチョイスになる可能性が高い。

ウエルベックを続けて使ってきたが、サイドでボールを持っても芸に欠けるので、中央に寄ってファンペルシのそばでプレイする機会が多くなるので、マーカーを連れて中を固めてきているリバプールの守備陣の網にかかってしまう。そうなるとファンペルシも窮屈そうにしてイライラが溜まり、いらないカードを貰ったりしていた。

サイドが全然使えてないと思ったのか、後半にナニやエルナンデスを使ってきたら何かスムーズになってきたけど、結局完封負け。

まあ、いきなり大胆に自分の色を出すことは、さすがにファーガソンの後だと出来ないだろうという意見もあるが、もしかすると、守備のリスクがあっても下位相手なら香川をトップ下に置いて、今日とはまた違った戦い方を模索するのかもしれないけど、上位相手に勝てないとあんまり冒険も出来なくなるし、困ったもんだ。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
アンチェロッティの戦術ノート
posted by dekasan at 18:37| Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。