2013年08月24日

「強くなっていない柏?」ACL準々決勝 柏レイソルvsアルシャバブ(1-1)

今年の柏はシーズン序盤に左サイドバックの橋本をケガで欠き、若手の山中や本来センターバックである増嶋を起用。右サイドバックはキム・チャンスだったり藤田だったり、又はケガで両方を欠いたり、両サイドが不安定。ACLのチーム対策ということで3バックもやったりしてシステム自体を中々固定できないでいた。

そして、シーズン半ばで大黒柱のレアンドロがケガ。全然ベストメンバーを組めないなかで、リーグ戦の成績はいまいち。

それでも、ACLでは無敗で準々決勝に進出。この日は、レアンドロや橋本も戻ってきてベストメンバーの布陣。

クレオ
ワグネル レアンドロ 工藤
大谷 茨田
橋本 近藤 鈴木 藤田
菅野

前半、アルシャバブのDF陣のプレッシャーが甘く、なのにカク・テヒだけはクサビへの潰しに積極的に前へ出てくるギャップを突いて、レアンドロとクレオの縦のホットラインを軸に攻撃を仕掛け、何度かチャンスを作り先制点をゲット。

だが、先制点をとったあたりから運動量が段々と落ち始め、ペースはアルシャバブに。同点に追いつかれてからは、アルシャバブは安全運転に切り替えて、トップのハザジ・ラフィーニャ・トーレスの3人だけでカウンターを仕掛ける戦法に。結局、結果は柏にとって痛いドロー。

問題は色々あって、レアンドロのコンディションが戻りきっていないこと。それに加え、連戦と夏場のコンディションの厳しさのせいか、クレオとレアンドロ、ワグネルがすぐに運動量が落ちて足が止まってしまうということ。橋本はワグネルの戻りが遅いため、対面するラフィーニャと1対1で対応する場面が多く、サイド深くまで進出を許していた。

クレオとレアンドロが真ん中で停滞してしまうと、相手に中を固められた時に、崩しの走りが出来ないので完全にフタになってしまう。

また、この日は元々守備力に難のある茨田がボールロストする場面が多く、そうなると工藤が高い位置でボールを貰ったり、裏へ抜ける動きがなくなってしまう。本来、工藤はFWの選手で、特に中盤でのボールキープ力に優れているわけではないので、これでは右サイドの攻撃が停滞してしまう。

2年前にJリーグで優勝したときの柏は、右サイドのレアンドロと酒井宏樹、左サイドのワグネルと橋本のコンビでサイド攻撃を重視した布陣だったが、

田中 工藤
ワグネル レアンドロ
大谷 栗沢
橋本 近藤 増嶋 酒井
菅野

この時の柏はもっと連動性が高く、チーム全体の運動量が多かった。今は当時ほどの鋭さが感じられない。それが連戦と暑さのせいだけなのか?は気になるところだ。個人的な印象としては「柏ってこんなもんだっけ?」とかなりがっかりしてます。

次戦は灼熱のリヤドなんで、もう何というか・・・。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー戦術サミット 一流フットボーラ―がリアルに語る「個」の戦術論
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。