2013年07月28日

「縦に早い攻撃は必要か?」東アジアカップ2013 韓国vs日本(2-1)

たまには、なでしこJAPANの話。

まさか韓国に負けるとは思ってなかったのでショック。

まあ、中1日というふざけたスケジュールだから苦戦するとは思ってたけどね。

この試合、田中明日菜・上尾野辺と比較的フレッシュな状態なはずの選手が足をひっぱった。監督は、韓国の右サイドが弱点とみたのか、岩渕を左サイドに配置して裏を狙う作戦、キャラとスペースがかぶらないように川澄はいつもと逆の右サイドに配置。ところが、田中と上尾野辺のサポートが遅く、岩渕が下がってボールを貰うことに。こうなると岩淵のパスの精度がイマイチなので、逆にこっちのサイドが死んでしまう。田中と上尾野辺は守備でも危なっかしく、韓国の2点目は上尾野辺のトラップミスからの相手スローインでセンターバックが釣りだされた後のカバーを怠ったのが全て。

どうも、本職の両サイドバック(鮫島・近賀)を欠いてからのなでしこはうまくいっていない。

そして、最近のなでしこJAPANは欧米スタンダードの縦に早い攻撃を意識しているのだが、これをずっと継続するのだろうか?そして、宮間のボランチ起用をいつまで続けるのか?宮間をボランチに置いても、守備面での負担と危険性が大きい。

W杯当時のなでしこは、高い技術とコレクティブなパスワーク、想像力を見せていた。ムリに縦に急がず、回せるときは後方でもバックパス。ボールをできる限り保持する(なるべく相手に持たせない)のを優先してきた。これはフィジカルで圧倒的に劣る日本が編み出した知恵でもある。

しかし、欧州遠征からのなでしこは、意図的に早いタイミングからの縦パスを入れるようになっている。確かに、縦に早く攻撃できるならそれにこしたことはない。大儀見のポストプレイも正確だ。

但し、ボールをロストする機会も多い。その分、自分達も走らないといけない。パスカットを喰らうとモロにカウンターの危険性がある。そして、最大の問題はボランチ宮間の守備面での負担が多くなると、パスワークにも陰りが見えることである。わかりやすく言うと、バルサのシャビをブスケッツの位置まで下げて守備させるとビルドアップは楽になるかもしれないが、守備面での負担が多過ぎて肝心の攻撃でスタミナの問題で精度を欠くよと・・・。

つまり、縦に早いサッカーとボランチ宮間の配置がなでしこのサッカーの特異性を失う問題になっている。これが今たまたまテスト的にやっているのか、それとも継続するのかどうかはわからないが、佐々木監督は今結構岐路に立たされているように思える。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
テクニックはあるが、「サッカー」が下手な日本人 ---日本はどうして世界で勝てないのか?
posted by dekasan at 01:25| Comment(0) | なでしこJAPAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。