2013年06月26日

ザック解任論があちこちで叫ばれていることについて

予想以上にザック解任を唱える人が多くてすっかり萎えています。いつから日本はそんなサッカー大国になったんだよ?前回大会でようやくベスト16に滑り込んだ国だというのに(自国開催で対戦国に恵まれた2002年を除く)。もはや、足元が見えている人を探すほうが難しい状態。

今回の騒動?に関しては、いささかヒステリックな感じがします。

2010年岡ちゃん式カウンターサッカーでBEST16に進出した日本だが、世界を驚かすことは出来ず、あのサッカーの限界を感じた人も多かったと思う(世界は日本サッカーをどう報じたか 「日本がサッカーの国になった日」 (ベスト新書)
)。

あれから3年、自分たちで主導権を握るサッカーで勝てるぐらいに急激に日本は成長したのか?もしくは岡田監督から「世界の名将」に指揮を委ねれば勝てる状況であったのか?ザッケローニから、今空いているよと一部の人が声高に叫んでいるハインケスやビエルサやマガトにスイッチすればうまくいくのか?

そんな簡単なものではないよね、サッカーは?少しでも上手くいかないと犯人探しや首の取替えを叫ぶのはマスコミだけかと思ってたのに。

小言を言わせてもらうなら、ビエルサで本当にいいんだな?3-4-3のマンツーマン守備をあと1年でやるんだぞ。同じ3-4-3でも、ウイングバックが下りてスライドして4バックにならずに、サイドはサイドで何とかしろってサッカーだぞ!そもそもビエルサで上手くいく保証を論理だてて説明してくれる意見をみたことがない。何の確証もなく、空いている監督の名前を並べるのも無神経だと思う。

それに「サカつく発想」で簡単に名監督を呼べるなら苦労しないっつーの。

いや、呼べると仮定してみよう。それで本当に何もかもうまくいくという現状認識はどこからくるのか?と激しく問いたい。それぐらい日本は十分な戦力を有しているのかと?

それで毎回ブラジルヤイタリアに勝てるほど俺たちは世界に近づいたのか?

それと、コンフェデの結果ってそんなに重要なんだろうか?ブラジル・イタリア・メキシコに3戦全敗は想定内の結果。というか、W杯本大会であたる可能性のある相手に手の内を全部晒すかというとそんなわけはないと思う。それは相手国も同じでことで、あれがイタリアの本気とは決して思えないし(「4−3−2−1」だってスペイン用に「どうせポゼッションで勝てないなら迎撃だ」で考えたフォーメーションくさいと思いませんか?)、日本だって格上の相手にカウンターを用意しないなんてことは通常ありえない。コンフェデの結果で監督の進退を問うのはちょっと乱暴だと思う。

くどいようだが、セリエAのBIG3を率いた監督を無能とか無策とか言うにはかなり抵抗がある。ジーコの時と比較する意見もあるが、ジーコと比べるのも失礼だ。采配だって、イタリア戦ではブランデッリよりもザックの圧勝に近いと思いませんか?早々と3枚の交代カードを使い切り、修正対応に追われたのはブランデッリの方だった。メキシコ戦だってそう悪くはない。190cmクラスの選手が3人いるメキシコに対空戦に対抗するため、内田から酒井の先発を考えたのは悪くない。但し、酒井の出来だけが誤算だった。3-4-3にしたのも守備に戻らないドス・サントスの裏のスペースを基点にサイドからえぐるのは悪くはないと感じたけど(相手のシステムやかみ合わせを無視して3-4-3は使えないと言うのはおかしい)。

結果が出なかったからといって、良かった内容まで無かったことにして卑屈になる必要はないと思います。ベストな仕事をしても毎回結果をだせるような相手でもない。

海外組重視で鉄板メンバーに固執しすぎという意見については、俺だって豊田がみたいよ。ただ、鉄板メンバーにこだわるのもある意味納得できる。日本の選手層はそんなに厚く充実してるのだろうか?とも思う。高徳や宏樹やハーフナーを使ってもあんな感じだし、変えたところからやられています。コンフェデで現状のメンバーでやれたところとやれないところがある程度みえたので、それはこれからの新たな人選に期待したい。コンフェデまでは今のメンバーでやるけど、一度リセットすると言ってたしね。

闘莉王を呼べ!とか言ってる人は、精神論的な意見が大多数で説得力に欠けるものばかり。ラインを低く設定した戦いをするならありえると思うけど、本当にJリーグ見てるのかな?と怪しく思ってます。呼ぶのは最後の手段でもいいしね。

海外組重視でJリーグを軽視しているという意見もあるが、むしろそうでなきゃおかしくないだろうか?海外スカウトの目に留まって実力を評価されて今の海外組の位置があるのだから(細貝や酒井宏樹、長谷部、ハーフナーなど出場機会に恵まれず、本来のポジションで使われていない選手よりもJで使われてる選手ではどうか?という意見もあると思うけどね)。

コンフェデで色々と日本の課題が出てきたところで、これからのザックの修正力に期待したいんだけど、それを見ないで、監督交代で本当にいいんだな?と思ってるのは俺だけなのか?空いてないけど、フース・ヒディンク出てきて場当たり的に勝ちに徹したサッカーで、後にペンペン草も生えない状態でもいいんだな?

今すぐ急に日本が強くなるわけはありません。一歩ずつ近づいていくしかない。部分的に変えた方がいいと思うところもありますが、それも含めてこれからを見ていきたいと思うのです。バルセロナが数年で今のバルセロナになったわけではありません。長期的なスパンで強化を考えず、近い目標と遠い目標をごっちゃにしてしまうとそれこそ迷走してしまいます。確かに世界のどこかにザックよりも日本の強化を進めてくれるかもしれない監督はいるでしょう。ただ、場当たり的に監督を変えて今までの選手や戦術を放棄してしまうことが強化に繋がるとは思えません。

「2010年のような戦い方をするのも一つの方法だと監督は言っていたけど、監督は『自分たちのサッカーを世界で見せたい、それで世界を驚かせたい、その中で勝ちたい』と言っていた。2010年を否定しているわけではなく、それも一つのやり方だけど、そうじゃない日本のやり方、強みがあると僕に熱く語ってくれた」by 長谷部

いや、俺も見たい!今現在日本サッカーはそれを問われているのだと思う。それを真摯に考えてくれている監督を更迭するのはどうだろう?

2010年のあのサッカーからの進歩という意味でザッケローニはテーマに沿った的確な仕事をしていると思います。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー「観戦力」が高まる
posted by dekasan at 18:34| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。