2013年06月23日

「問題点は見えたか?」コンフェデ杯 メキシコvs日本(2-1)

何かコンフェデでも「絶対負けられない戦い」と思ってる人がいるのか、ザック解任とか言ってる人が多いのでビックリ。相手は、W杯最多優勝のブラジル・次に優勝回数が多いイタリア・ロンドンオリンピック優勝メンバーを加え、W杯ベスト16常連のメキシコ。3戦全敗もあると思ってた。

大体、イタリアのBIG3クラブを率いて、スクデットをとったこともある監督を「無能」呼ばわりするほど、日本のサッカーライターや評論家は戦術分析に長けているのか?と疑問に思う。

采配批判とか誰それを使えとか、選手個人を責めてる人は、きっと岡ちゃん的サッカーでも結果を出したいのかな?と思う。そこからの脱却が日本代表のテーマとして与えられたのではなかったか?

酒井宏樹をボロクソに叩いてる人の中には、彼がドイツに渡る前、右サイドバックの新戦力として期待してた人も多いはず。それを、悪いところだけを取り上げて後だしジャンケン的に文句を言うのはどうかと思う?確かに酒井の寄せが甘く、エルナンデスのマークも栗原が離してしまったのは問題。それを、高徳を使えとかCBを入替えろ、とか「サカつく」的発想で解決できるほどサッカーは簡単なのだろうか?

たられば?を言うなら代わりに入ったウッチーのところでヘディング競りまけてるんだけど?右サイド高徳とかいっても、右効きではあるがしばらくやってはいないはず。しかも、このメンバーでは初?

ここで見えてきたのは、コンパクトにやれている状態では、サブが2・3人入っても誤魔化しが効くが、そうでない状態だと穴になるということ。そこをどうするか?

また、コンディションがよくない状態での戦い方や人選。特に今回はカウンター要員を準備してこなかったので、ジャブ的に相手CBを牽制することが出来なかった。「悪いなら悪いなりのサッカー」がイタリアは出来る。では、「悪いときの日本」はどう戦うのか?

通用するところ、しないところの見極め、課題や問題点の洗い出しとしては、最高に得るものが大きい3試合だったと思う。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
10番は「司令塔」ではない トップ下の役割に見る現代のサッカー戦術
タグ:ザックJAPAN
posted by dekasan at 14:41| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。