2013年06月20日

「もったいない!」コンフェデ杯 イタリアvs日本(4-3)

こんな乱打戦になるとは誰が予想できただろうか?

もうちょっとで、「限界」とか言ってた某評論家の息の根を止めることが出来たのに!なんとも、もったいないことをした。え、そっちじゃない?

この日の日本はいつもの鉄板メンバーの4-2-3-1。何か変化をつけてくるかと思ったけどストレートに真っ向勝負。イタリアはクリスマスツリー(4-3-2-1)で、のらりくらり戦法をやりたかったのだろうけど、試合開始から日本がガリガリとプレス、チェイシングでイタリアを自由にさせず、ピルロに対しては前田と本田で常にチェックし前を向けさせないのを徹底、ポゼッションで有利に立った。

で、親善試合のイタリアなら、これでものほほんとしてるんだけど、ブランデッリは違ってた。

本田のPKが決まると、「バカンスにはまだ早いぞ、お前ら!」と懲罰人事でアクイラーニOUT、後半には、香川を押さえきれない右サイドバックをマッジョからアバーテへと策をうってきて「やる気モード」に火をつけてきた。

でも、ブラジルのスタジアムは雨が降ると蒸し暑さが倍増。イタリアはそんなに動けなかった。後半30分から40分にかけて、日本は完全にイタリア陣内でポゼッションを続け、ディフェンス陣を完全にドン引き状態に。まるで俺たちはスペインのようだった(点とれなかったけど)。

まあ、失点シーンには結構色々とあるんだけど、「勇気を持ってチャレンジ」すればこのぐらい出来るわい!というのを証明できたのではないか?ただ、「勝てる」かどうかは別の話し。

そして、「長谷部の談話」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130620-01120548-gekisaka-socc

帯びに短したすきに流し、これからはその攻守のバランスをどうもっていくか?だよね。

では、以下気になった件。

・吉田批判が凄いですが、プレミアリーグであれだけやれる日本人CBはそんなにはいない。闘莉王を入れれば解決とか、そんな「サカつく」発想ですむ問題ではないと思う。これを糧に成長してほしい。失点そのものがDFの経験になるのだから。
・鉄板メンバー批判も多いですが、最新の「Number」の長谷部インタビューを読むと、戦術理解度の重要性がわかると思う。昔と違い海外組がほとんどの今のメンバーで、練習できる時間が限られているなかで、ある程度メンバーを固定して戦ってきたのはそう間違いではないと思う(それでも、もう少し変えてほしいが)。カップ戦に出て直前に合流しオーストラリア戦でも十分に岡崎や本田が戦えたのはそういうメリットがある。
・この日の選手交代は?だったが、それなりに十分戦えている状態で、サブメンバーの層の薄さからすれば他にいい手があったかな?Twitterでは、乾という声もあがってたけど、真ん中固めて引きこもってるイタリア相手にカットイン型で中に入る乾だと余計渋滞しちゃうような気もします。
・「バロテッリはインテル、シティ、ミラン、イタリア代表で計21本PKを蹴って全て成功させている。」まじか?やっぱり、風呂場で花火しちゃう奴のメンタルは凄いな。
・一方、川島は、ここんとこPKで先に動いて全部逆とられてるような気がしますが?
・蒸し暑いブラジルのスタジアムでこれだけ動けるなら、春秋制継続の方がいいな、と思ってしまう。予選でも中東アゥェーが必ずあるし、暑さに弱い日本でいいのか?と。

やっぱりコンフェデに出られてよかったね。こういう体験はなかなか出来ない。経験という意味では、メキシコ戦はサブメンバー中心でお願いしたい。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
週刊サッカーマガジン増刊 サッカー日本代表W杯出場記念号 2013年 6/20号 [雑誌]
ラベル:ザックJAPAN
posted by dekasan at 20:01| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。