2013年06月16日

「完敗」コンフェデ杯 ブラジルvs日本(3-0)

フランスだって3-0で負けるんだから、長距離移動に中3日の日本が同じような結果になるのは当たり前でした、みたいな結果。

ブラジルは4-2-3-1で1トップのフレッジが2列目を活かすための汗かき、ネイマール・フッキ・オスカルの個人技、両サイドバックのオーバーラップによるサイド攻撃・・・と日本の上位互換みたいなチーム。

日本は岡崎の1トップ、というか本田と2トップ気味で相手のCBとSBにプレッシャーをかけつつ、そこからサイドに誘導したところでボールを取りにいくという戦法。

但し、ブンデスでSHのポジションで今年1点しかとれていない岡崎が通用するわけでもなく、サイドの守備で清武と香川が手一杯という状況はあまりよくない。戦術とメンバー選考が一致してないが、いつものメンバーでどれだけやれるか試してみた、という感じなんだろう。

問題は、やはり長距離移動の影響で全然動けなかったこと。後半からもうガス欠ぎみ。
こんなに動けなくなっちゃうのは想定外。

特に、ボランチの二人がバイタルエリアを空けすぎ。中盤のフィルターに全くなってなかった。
1点目は本田のマルセロに対する寄せ(そのまえの清武の寄せ)が甘いところにクロスを許して、バイタルでネイマールをフリーにしてしまったし、2点目もなんでペナルティエリアにあれだけの人数を侵入させてしまったんだ?ってこと。

■ブラジル戦の1点目、遠藤と吉田の守備が酷すぎる件(説明画像・動画あり) - footballnet http://footballnet.2chblog.jp/archives/28457642.html

攻撃でも遠藤が死んでるので、本田・香川に常に2枚がついて潰されてもう詰みの状態。

ハードワークとコンビネーションで相手を上回らないとキツイ相手にこれじゃあ勝てません、という感じになっちゃった。

意外にも、個人で通用したのはネイマールをほぼ完封していたウッチーだけだった。

さて、次のイタリア戦はもう少し動けるはずだし、ザックも少しは考えてくるはずなんでどうなることか?

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
週刊サッカーマガジン増刊 サッカー日本代表W杯出場記念号 2013年 6/20号 [雑誌]
タグ:ザックJAPAN
posted by dekasan at 12:11| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。