2013年06月04日

「再構築が必要」ブラジルW杯最終予選 日本vsオーストラリア(1-1)

内容的にはしょうもないなぁという感じ。今までのW杯行きを決めた試合の中で一番しょうもない。

まず、オーストラリアについて
・8日前に来日してコンディションはばっちりなはずのなのに、後半は自陣にべったりであまり動けない。
・最終予選は長距離移動とかリーグ戦から中3日とかハードなので、ベテランが多過ぎる今のメンバーではきつい。完全にオジェックのチーム作りは失敗だと思う。
・ケネディがリーグ戦であまりよくないってのもあるけどなぜ使わないのだろう。4-4-1-1でトップ下ケーヒルにして、縦の起点を2つ作って麻也と今野をおびきよせて、どちらかがウッチー、長友と競う戦法もあるのに。

おそらく、ドイツW杯以降のオーストラリアの中で今が最弱。
で、そんなオーストラリアに勝てない日本ってのも問題だなぁ・・・。

・前半は香川が中に入り過ぎて、本田、前田、裏を取りに来る岡崎と交通渋滞をおこしていた。相手がひいた状態だとオールラウンダー型の前田はやっぱり普通のフタになってしまう。カウンターの場面でもスピード不足を露呈。
・後半、うってかわって香川が最初からサイドに張った状態で長友と二人で数的優位を作ってチャンスメイク。多分、ザックの指示なんだろう。只、香川にサイドの縦の突破を行わせてもあまりいいことは起こらない。
・香川はやっぱりトップ下が最適。但し、本田を右ウイングや右サイドハーフに置いてもダメ。スピード不足だし、中盤でのタメ、スルーパス、2列目からのミドルが使えなくなってしまう。トップ下しか出来ない。
・本田を真ん中にしてポゼッションを高めるのか、香川を使って早いトランジションサッカーをするのか?どっちかが干されるってのも考えにくい。この2人をツーシャドーとしか使うのか、本田0トップをやるのか?がこれからのポイントになるんだろうか?だとしたら、1トップも変えてほしい。
・4-3-2-1で2の箇所に2人を使うってのもある。但し、これだとサイドバックにプレスをかけられないので、ある程度リトリートして戦うことになる。
・しかし、土壇場のPKの判定でいち早くボールを抱えて俺が蹴るという態度の△のメンタルは凄いな。この人、帰国したの昨日だよ。 

何にせよ、スケジュールキツイけどコンフェデがあってよかった。今の4-2-3-1の構成ではコンフェデの相手だと色々と問題が露呈すると思う。それをどこまでザックが変えようとするのか?それがこれからのチーム作りになると思う。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー日本代表の戦術が誰でも簡単に分かるようになる本
タグ:ザックJAPAN
posted by dekasan at 23:06| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。