2013年05月31日

「問題は第一FW」キリンチャレンジ 日本vsブルガリア(0-2)

ブルガリアは2014年W杯ブラジル大会欧州地区予選グループBでイタリアについで現在2位。イタリアに引き分けてチェコやデンマークより勝ち点が上なんだからかなり強い部類に入る。去年はアゥエーのオランダにも勝っている。そんな相手が結構ガチであたってきたらそんなに簡単には勝てない。ましてや、日本の本番は5日後でこれはあくまでテスト試合だ。

ブルガリアもコンディションがよくないんだろうが、日本ももっとコンディションがよくないのか、ぶっちゃけ後半のお馴染み4-2-3-1に戻してもスペースを作る動きが少なく、基本足元ばかりのパスになってしまった。というか、召集して初戦のパフォーマンスが低調なのは毎度のことだ。

問題は以前として1トップ、第一FWにある。スペースが制限されると、前田がほぼフタになってしまう。前半はほぼ幽霊と化していた。トップ下を置かない3-4-3だと、時々中盤まで降りてきてポストになったり「深み」を作らないと攻撃がサイド一辺倒になっちゃうんだけど、昨日はほぼフタにしかなってなかった。香川や乾との相性も良いとはいえない。どうせ、フタになるならデコイでハーフナーを置いといた方が高さ対策としても使えるしと思ってしまう。

確かに、香川がボールを持てばチャンスになる・・・・けど、それに絡む役者が足りない。本田が入れば、この二人で崩せるけど、昨日はほぼ香川と乾の個人技のみ。

どっちにしても、ど真ん中でハイプレッシャーを受けながらもボールをキープできる人材が本田しかいない。だから、縦パスが効果的に入らないと、結局は乾や香川のサイドからの個人技で責める形ばかりになってしまう。実は、本田が使えるなら、スルーパスを引き出せる技術と本田のマークを分散できる豊田がいいとずっと思ってるんだけど(前田が悪いというわけではなくあくまで相性の問題です)。

というわけで、まあシステム云々というより、本田がいないとダメ問題は残されたままですな。

ちなみに3-4-3は今の日本代表の弱点を結構カバーできるんだけど・・・。

・高さ対策としてCBを1枚増やせる
・日本が苦手とする縦ポン対策にも対応。こぼれ玉のカバーをCBが行う。
・今野が後ろを気にせずボールを取りにいけるので遠藤の負担が減る
・ボランチがバイタルをたまに空けちゃうスペースを真ん中のCBが埋める
・サイドの縦の突破は香川やSHではなくWBにまかせる

オーストラリア戦でどう出るかは本田のコンディション次第だなぁ・・・。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー「観戦力」が高まる
ラベル:ザックJAPAN
posted by dekasan at 13:04| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。