2013年04月14日

「横浜FM?」J2第8節 札幌vs徳島(2-1)

札幌がCK2本を決めてホーム初勝利、横浜FMみたいな感じ?・・・なんですが、前半の出来はひどいもんでした。

徳島の小林監督は、しっかり札幌を研究してきたなぁという感じ。なんせ、札幌の最終ラインは怪我人が多くて、さっぱり固定できていない。そこで、ボランチ二人に激しいプレッシャーをかけてきました。ただでさえビルドアップがつたないところに、河合・上里のボールを運べる二人にプレスをかけて、高い位置でボールを拾って攻撃に繋げる戦法。

前半、小山内・パウロン・砂川の右サイドが混乱。マークの受け渡しがさっぱり出来てませんでした。小山内も、縦を切って砂川が戻るまで待つ、のかサイドを空けておいて誘い込んで潰す、のかメリハリにかけて、かなりやられてました。

で、パウロンなんですが、この人はとにかく前で潰しに行きたいタイプなんですよね。後のカバーリングは全く気が効かない。今日みたく変な形でボールトロストしちゃうと一気に裏をとられて失点みたいなのは増えるかもしれません。

攻撃に関しては、相手は3バックなんだから、ひと山越せば前4人でどうにでもなるんですが、ボランチにプレッシャーをかけられて、慌ててテレにロングボール入れるからよくない。テレが常にマーカーを背負った状態でフタになってるから潰されて終わり。

この人、小山内のクロスに空いていたニアに入らないとか、上原がサイドの高い位置でボールを持ったときに、早めに顔出す工夫がないとか、もうさっぱりなんでどうにかならんか?

こんな時は、ボランチが最終ライン付近まで降りてきて、センターバックがワイドに広がり、サイドバックを上げるとか、工夫してパスを回したいんですが、まあそんなのは現時点で出来ないんだろう。

とにかく前半はもう眠くて、こんなコンテンツは誰も観にいかないだろ?そりゃ客入らないよという感じでしたが、徳島が1点取って落ち着いて受身になったせいか、後半から岡本投入で高い位置からプレッシャーをかけて有利に試合を運べてたけど。

こないだの野々村社長のカンファレンスで「今は洗脳に近い形でボール回しばっかりやっている」そうだが、あんまり効果は見えないぞ。

まあ、最終ラインがある程度固定できるまでは我慢というところなんだろうか?

ちなみにユース上がりの選手が多くて、長い目で見ないと、という意見があるけれど、長い目で見て大丈夫なのか?という判断は必要だと思うよ。今のところ攻撃に関して、明確なパターンがないんで、まだまだ試合しながら作っていくパターンなんだろうけど、テレいつまでひっぱるの?

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
職業サッカークラブ社長 野々村芳和
posted by dekasan at 20:33| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。