2013年04月03日

「1トップ探してこい!」ACL 浦和レッズvs全北現代(1-3)

かってのACL王者同士の一戦。

全北現代は4-2-3-1のシステムで1トップに長身のベルギー人FWケビン(もしくはベテランのイ・ドングク)にアーリークロス戦法。

一方、今日のレッズは「また機能しない原口の1トップ・・・」と思いきや、マルシオの1トップに2シャドー柏木・原口という奇策。

前半は浦和の可変システムに全北がまったく対応できず、原口が先制。その後、マルシオのFKがバーを叩いたり、どフリーのマルシオにパスせず柏木が宇宙開発、その他にも数々のチャンスがありながら前半は1点のみ。少なくとも3点はとれたはず。

徐々に全北現代も慣れてきたのか、後半イ・ドングクを入れて4-4-2にシステムを変更。長身FW2枚にロングボールを放り込む戦法に変更。

前半、相手も攻めてきたのでスペースが出来て、うまくいってるように見えたけど、セットプレーで同点にされて相手に引かれてからは、急激に攻撃が停滞しました。

ここで問題になるのが、レッズはサンフレッチェのようにうまくロングカウンターを狙えないということ。

広島は青山・森崎・千葉とロングフィードが得意な選手がいて、高萩や石原などのシャドーが守備ブロックの間でボールを貰う動きで相手CBを釣りだして、出来たスペースを佐藤寿人が突くということをよくやります。後方でボールを回しながら相手を食いつかせ、1.寿人カウンター狙い 2.2シャドーへ縦パス 3、サイドアタッカーへ などの選択肢の中でベストなものを選ぶという戦法です。

ところがレッズのこの日の1トップはマルシオです。下がってボールを貰いに来るマルシオに、2シャドーが原口・柏木と、この組み合わせでは真ん中で渋滞します。前半、飛ばしたせいもあり、運動量が落ちると途端に攻撃が淀んじゃいます。大体、柏木・マルシオ・原口とゴールに向けて背を向けたプレーが得意とはいえない。半身で受けてドリブルしたいタイプ。マルシオはそれでも窮屈そうにポストしてましたけど。

柏木が2回目の宇宙開発をした後、またもセットプレーで失点。

相手がドン引きした状態で興梠を入れても高さがないですから意味ないかと。広島もそうだけど、リードされて相手がゴール前にバス停める状態だとサイドを突破してクロスをあげても高さ不足はかなり深刻。

そんなわけで、沢山のチャンスを決めきれず、セットプレイでやられるという典型的なACLの負けパターン。

これは、ちょっとキツイですね。1トップは補強しないとね。
デスポトヴィッチとかどうしてるんでしょうか?

しかし、浦和はいつまでミシャシステムを継続するんでしょうかね?広島ユース→広島→浦和のルート補強もいい加減限界があるだろうし、浦和ユースもどういう強化してるか謎だしね。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
フットボールサミット 第6回 この男、天才につき。遠藤保仁のサッカー世界を読み解く
タグ:浦和レッズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。