2013年03月12日

「意外と弱かった」ACL 浦和レッズvsムアントンU(4-1)

ムアントン・ユナイテッドは、最近の4年間で3度国内リーグ戦を制しており、昨年はリーグ戦シーズン無敗。ACLのグループリーグ初戦ではホームで韓国の全北現代で引き分けており、意外と強いかも?と思ってたけど、フタを開ければ全然だった。

ミシャシステムをリスペクトして対応するには
・同じシステムでタイマンを張る(広島vs浦和)
・ゴール前にバスを停める(広州恒大)
・4枚+1(ボランチがずれる)
と幾つかありますが、ムアントンは、槙野や森脇のオーバーラップに全く対応できず。というか、チームの基本スタイルは4-5-1または4-1-4-1のはずなのに、勝手にボランチが下りて2ラインで5バックになってたり、4-3-3になったりとかポジショニングが滅茶苦茶だった。

ほぼ、浦和が中盤で数的優位の状況を作れていたので攻撃で圧倒。ムアントンは槙野のオーバーラップを止められずにボランチが前半で早くも退場。

ムアントンはこういう状況でも、エースのティラーシンは全く守備をせず、ただ前で張ってるだけ。さらに1枚少ない状況なのに攻撃的MFの戻りが遅くて、たまに後方で7枚ブロックだけで守ろうとしてたりと、アゥエーでの戦い方が全然なってなかった。

結果、浦和の圧勝となったわけだが、浦和もそんなに威張れる状況ではなかった。最初の2点は、柏木の当たりそこねのボレーと、関口のクロスがそのまま入ったもので、GKがショボかったから良かったものの、「押しているのに点がなかなか取れなくて勝ちきれないあるある」に陥りそうな匂いが少なからずあった。

また、クサビのパスをカットされてカウンターを食らう場面が何度かあった。

興梠も相手が引いた状況では、少し一芸に欠けるきらいがまだある。特にサイドを崩しても単純にクロスをあげても中に高さがないので、そこも一工夫しないといけない。今回のように原口のヘディングなんてそう何度も炸裂するわけない(爆)。

ともあれ、ACL初戦の惨敗から一転快勝。この後、全北現代との結果次第で2位以上が見えてくるかもしれないので、ここから期待したい。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
本田にパスの36%を集中せよ―ザックJAPANvs.岡田ジャパンのデータ解析 (文春新書)
タグ:浦和レッズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。