2012年12月16日

「【速報】ラファ・ベニテス氏落選確実 」チェルシーvsコリンチャンス(0-1)

まさか、日本TVが、額縁画面で選挙速報を流すとは思わなかったよ。しかも、副音声!サブチャンネルとかあるだろうに。しかも表彰式はカットという暴挙です。
というわけで、Twitter上では一気に文句のTLが流れました。
「データ放送を使え」
「サブチャンネルを使え」
「視聴者センターに電話が繋がらない」
「ウインドウをずらした」
「タオマフで選挙速報を隠した」
ntv.jpg

・さて、肝心の試合だが、やっぱりベニテスは右サイドにモーゼスを使ってきた。この方が守備は安定するし、モーゼスも結構チャンスを作っていた。

・エメルソンはドリブルで仕掛けたり、ボールを運ぶときに、右へ右へと流れる傾向にあるのだが全然直ってなかった。で、イヴァノビッチ-モーゼスに勝てないとみたか、チッチ監督は早くもトップ下にポジションを変更させた。なかなか対応が早い。ベテランのダニーロを右サイドに置かないのも粋な采配。アザール-A・コール相手ではすぐにガス欠になる。

・コリンチャンスはとんでもなく統制が取れていて、カウンター気味で押し込まれ、急遽作った最終ラインでさえ、綺麗に横一線で一定距離を保って守っていた。半端ねぇっす!

・でも、トーレス師匠はやっぱり安定の師匠っぷり。

・なぜ、アスピリクエタを入れてきた?と思ったらロングスロー要員!まじかベニテス?ストーク・シティ戦法かよ!?と呆れてたら、一番ヘディングが強いケーヒルが一発退場。ご愁傷さまです。

・というかチェルシーはあまりに芸がなさ過ぎた。こういう展開の時に、ドログバの一発に頼ってきたのが伝統。

・ランパードは時間と共に普通の人に…交代要員がいない、というかチェルシーは色々と補強がおかしい。金はあっても使い方がメチャクチャ。オスカル+アザールで70億!マタも入れるとおいくら?この3人を2列目で使うと、遅攻ではすぐに渋滞する。少なくとも1人はパスセンスに優れたタイプを置くべき。さらに1トップがトーレスだと小回りに欠けるのでフタになる。ソリッドな守備からのショートカウンターが持ち味のチェルシーでも、それが出来ないと途端に前線が膠着する。トーレスと心中するつもりかベニテス?こりゃ、ベニテス速攻解任あるかもよ。

ntv2.jpg

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術 (朝日新書)
posted by dekasan at 22:06| Comment(0) | FIFAクラブW杯 2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。