2012年12月09日

「あーもったいない」サンフレッチェ広島vsアルアハリ(1-2)

・前半は「裏取り」合戦で、清水がセルフジャッジでオフサイドアピールして対応が遅れたところをやられた。こういうのは本当に猛省してほしい。

・それでも、ミキッチが再三右サイドを突破。アルアハリはDFラインは綺麗に揃ってはいるものの、クサビに入る広島の選手を潰しきれずに、そこからボランチに再度展開して、サイドの裏のスペースを何度も突いた。

・なのに、高萩が後から押されてミートできずとか、青山が自分で打たないでパスしちゃうとか、色々ともったいなさ過ぎ。

・まあ、でも十分崩せるから大丈夫かな?と思ってたら千葉がカブる。高萩とか千葉とか、ボールじゃなくてまず体をぶつけてくる相手に慣れていないんだろうなぁ。こんなんだからACLもあんまり期待できないんだよ。

・アルアハリはリードしたら、さすがに6バックでサイドにフタをしてきた。終盤には3ボランチで対応。こうなると力技に欠ける広島はさすがにキツイ。サンフレッチェ広島は今期のリーグ戦で先制された試合には全く勝てていない。

・寿人がうまく抜け出したのに、フェルナンドトーレスの呪いでもかかったのかあれを外しちゃうとかありえへん。ミキッチのクロスも「あれ?」っていうのは慣れてるけど、ここでも出るかぁ?

・大舞台での経験とか色々とメンタルに影響してそれがプレイにもあらわれるんだろうね。

・そんなわけで、「イライラする!」(伊藤あさこ風)

で、もう一気にCWCに対する興味失った。まあ、チェルシーの試合は見るんだけどさ。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
フット×ブレインの思考法 日本のサッカーを強くする25の視点
posted by dekasan at 22:13| Comment(0) | FIFAクラブW杯 2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。