2012年12月02日

2013年J1何となく総括

・優勝 広島 2位 仙台 3位 浦和 4位 横浜FM 5位 鳥栖 ・・・ ペトロビッチ可変システムが1位と3位。これは、別にミシャが優秀というよりは、前半戦で対応策をとらなかった各チームのせい。露骨に5バックで守るなどの対応をすれば、また違った結果になったと思う。というか、上位陣は、みなカウンターが得意で戦術が明確であったチームが占めている。ポゼッションや攻撃サッカーなど、理想を求めたチームはみんな下位。

・今年のJ1は、上から下までどんぐりの背比べみたいな感じで、特に上位陣にスペクタクルを感じることは殆ど無かった。昨年の上位陣がACL早期敗退したのも情けないが、リーグ戦に専念した後も優勝戦線にほとんど絡まなかったことも嘆かわしい。

・お金がなくても、戦術の構築が出来れば上位可能?でも、ACLに関しては引き続き苦戦すると思う。対戦相手は、ほとんど放りこみなので、こちらの戦術にはまってくれないし、一人で仕事するタイプのフィジカル系外人FWを重宝している。

・上位5チームのうち、大都市のチームは浦和・横浜FM。やっぱり、これってお金が沢山あるけど使い方を間違ってるんだろうなぁ。そういう意味ではまだJは伸びしろがあると思う。

・ガンバ大阪の降格はみんな意外だと思っただろうが、「遠藤や二川や明神がいて負けるわけがない」(金森社長)と、のほほんと構えていては、どんぐりの背比べ状態の中では必然の結果。特に、加地がケガ気味でサイドバックの層が薄く、山口放出でカバーリングの概念がどこかにいってしまった。J1最高得点力でありながら降格って本当おかしい。3点とれないと勝てないサッカーになっちゃった。あと、藤ヶ谷が色々とひどいのは、本当すいません(札幌サポとして)。

・やっぱり、この人の呪いのせい?
前田遼一

・負け続けているのに「目指してるサッカーは間違っていない」と思うのはそれこそ間違い。どこかイビツだからこその結果。それに気付かないとズルズルいく。毎年、大宮は後半になってからそれに気付く(笑)。
特に、現状認識が出来なくて、修正の仕方も間違ってる札幌はぶっちぎりの最下位。

・神戸の降格は、お金の使い方がおかしいという典型。というか、Twitter上での、ガンバ降格に比べての空気っぷりは半端なかった。

さて、今年残りはCWCと天皇杯ですか。CWCで広島がどこまでやれるか期待します。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー オフ・ザ・ボールの動き・戦術・トレーニング

posted by dekasan at 18:43| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。