2012年10月13日

「あれから11年」国際親善試合 フランスvs日本(0-1)

11年前トルシエ時代にただひたすらボコられた地サンドニに再び現れた日本代表。

昔と明らかに異なるのは、先発メンバーがほぼ海外所属クラブの選手で占められていることだ。だから、相手のフィジカルに腰が引けて後手後手になるようなことはないと思っていたのだが、前半はちょっとひどかった。

ハーフナーは終始マーカーを背負っている状態、本田を欠いてトップ下憲剛では2列目が軽過ぎて、なかなか攻撃で縦のクサビを入れられず、相手を押し込めないので相手のサイドバックがかなり高い位置まで進出してきて、清武も香川も低い位置から守備をしなきゃいけない状態に。サイドの攻防でも酒井はベンゼマに1対1でやられっぱなし。ベンゼマに決定力がないおかげで助かったが、前半で3点ぐらい食らってもおかしくはなかった。

これぐらいの相手だと、やっぱりボランチには猟犬タイプを1枚入れたいところ。じゃないと、中盤でのフィルターが全然かからない。

ハイプレスかけられて、これだけ色々と機能しないのはちょっと問題。開き直ってファーストディフェンスの位置を下げてカウンターを狙う、といったパターンと選手構成も考えないといけない。

本田がいなくても、前田がいてボールを収めることが出来ればいいんだけど、ちょっと疑問?ってのはあるし、ハーフナーは所属クラブでも1トップじゃなくてSHをやってるようにこれからも期待薄。

というわけで頭が痛いのだがブラジル戦ザックはどんな手を打ってくるだろうか?

佐藤寿人1トップでトップ下香川ってパターンでドルトムントを真似るという手があるんだけどやらないだろうな。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー日本代表 カレンダー2013年
posted by dekasan at 17:20| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。