2012年09月12日

「奇策通じず」ブラジルw杯最終予選 日本vsイラク(1-0)

メンバー総とっかえに加えて、遠藤・長谷部の両ボランチにマンマークをつけ、攻撃では左サイドの伊野波の方から攻めるという、相手のチームを研究してそれに対応した戦術を組むという、日本代表を率いてた頃には想像も出来なかった奇策できたジーコには皆さんびっくりしただろう。

そんなことが出来るなら、昔やれよ!と言いたいところだが(苦笑)。

ちなみに、総とっかえの理由は、若手を試したかったのと、日本のスピードに対応する為、若くて走れる選手を使ったとのこと。まあ、この辺は負けず嫌いのジーコだから本音のところは謎。

香川がいないと、本田の俺が俺が臭が半端なくて、前半トップ下にデンと居座っていたので、遠藤にマークがつくとボールが収まらず。苦戦したけど、たらればとはいえ、清武と本田がボールをGKにぶつけなかれば普通に終了って感じだと思う。

スコアも内容も今一つだったが、悪いなりに勝ち点3取れたからまあいいんじゃないかな?

確かに、相手のカウンターの起点を遠藤・長谷部が潰しきれず危ない場面もあったのだが、まあイラクの攻撃はこれしかないって感じだし、バカバカ点を取るようなチームではないので、勝ち点3が1個もとれてない状況で、オーストラリアや日本を上回る勝ち点がとれるか?というのはかなり疑問。オマーンが代わりに来るかというとそれも疑問なので、これはもうブラジル行きのチケット確定でしょ。

たぶん、確定した後の試合で、ザックはかなりメンバーやシステムをいじってくると思うな。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカー日本代表の戦術が誰でも簡単に分かるようになる本
posted by dekasan at 00:07| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。