2012年04月21日

「継続か変更か?」J1第7節 札幌vs川崎(2-3)

さて、6連敗ですか・・・・。まあ、ビエルサのビルバオも開幕から2分4敗して、それからELでマンUを蹴飛ばすぐらいな成長をみせたんだから、などと強がってみる。

ところで、石崎さんは戦法を変えないみたい。基本的な戦法は柏を率いた頃から全然変わってなくて、まずディフェンスはボール保持者に一番近い選手が縦を切る。ここはバルサみたいなんだけど、バルサは一気にラインをあげて、次々とプレーエリアを限定させて奪うんだけど、まあ同じことが出来るわけはないので、ここは縦パスを入れさせないという意味と後方でブロックを作る時間稼ぎ。

Jでは幾つかのチームがサイドに追いこんで囲んでボールを奪うという守備をしてるけど、札幌の場合は、そうではなくてパスをかっさらう為の縦切りプレス。

川崎のような安易に縦に入れる急ぎ過ぎサッカーなら、札幌のパスかっさらいショートカウンターが出来ると思ってたんだけど、前半はそれがはまった。

ところが、後半になって、ボールを前半のように追いかけたい選手と、2点取ってゆっくり行きたい選手の意識のずれが生じてバイタル付近にスペースを与えてしまう。

さらに、前半獅子奮迅の動きをみせていた近藤がはやくもスタミナ切れ。ノースのセンスのないフィードをなんとか収めてたのに、ボールキープもままならず。

こういったときに遅攻が出来ないのが札幌の欠点で、安易な一発狙いで相手にボールを渡してしまい一方的にポゼッションで負ける結果に。これだけ攻められれば、奈良だって山瀬の飛び出しについてはいけないわな。第一、膝もよくない状態だから休ませたいぐらいだ。

怪我人が多くて効果的な選手の交代も出来ずでそのままジエンドとなってしまった(砂川がいれば変わった可能性があっただけに)。ベストメンバーが組めればこの試合何とかなったかもしれないが、今の戦い方だとサイドハーフの選手がしんど過ぎる。

先制したら開き直ってベタに引いて守るなんて切り替えをやらないと夏まで持たないような気もしますが・・・・。

最初からベタに引く手もあるが、ボール運びの稚拙さと快速アタッカーがいるわけでもないのでそうもいかないんだよね。

あと途中から3-5-2の意味が全然わからない。ポゼッションで負けてる状態ならサイド使われまくりだから。4-3-3にして河合を底に置いた3枚ボランチで引いてカウンターの方がよっぽどまし。これなら最初から後7枚で守るってのがはっきりするんで、守備時にボール追いかけまくっていたサイドハーフが戻らず、開きなおってカウンターの準備が出来る。でも、この場合、前俊はサイドに張って、センターは大島が使えればって感じじゃないと、フォローの少ない状態で前俊を中に置いても潰されちゃいますが・・・。

毎度、後半スタミナ切れになるので、前半無理しないって手もありますが、果たして石崎さんはこの状況どう考えてるのだろう?同じこと続けてても、もう無理って感じもします。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ

posted by dekasan at 23:20| Comment(0) | コンサドーレ札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。