2012年03月11日

「切ない戦いが始まった」J1第1節 札幌vs磐田(0-0)

磐田は金園、山崎と怪我人の影響もあるのか、ロングボールを前田に当てて、こぼれ玉を拾って、サイドで高い位置をとる駒野へ繋ぐという省エネサッカー。サイドで詰まるとボランチまで戻して逆サイドへゆっくり回す。

高い位置でひっかけたい札幌には嫌な攻撃パターン。札幌のショートカウンターを嫌ってボランチがあまりあがらず、サイドに流れる前田遼一や菅沼に当ててから動き出し。バランス重視。

磐田は基本的に降格したくないというサッカーに思える。

札幌は、ホーム開幕戦ということもあって、前が高い位置でプレスかける割には最終ラインが低めのところもあって、DF前のスペースを前田遼一に使われる。

ノースは前田遼一を掴まえきれず。前に強いタイプかと思ってたけど、どっちかというとカバーリングタイプ。本当にオーストラリア代表?むしろ、奈良の方が前田を動きを制限できていた。

札幌の攻撃に関しては、前田のキープ力と、近藤や内村、岡本とのカラミや個人技で突破するパターン。ただ、山本はまだチームに入っていけてない。後半、スペースが出来てからは進出できていたが。

今日のように前半0点に抑えれば、後半にチャンスが幾つか作れる。

ゴール前での迫力が今ひとつの、昨日のジュビロなら勝っておきたかったところ。

ただ、駒野、前田、菅沼以外は、全然怖くないジュビロだったからいいものの、もう少し待ち構えて掴まえる守備もやっておかないと夏場にガス欠するのは必死だろう。まあ、もっと強い相手だと自然と守備ブロック下がっちゃうかもしれないが。

チームの仕上がりとしてはまだまだだなぁ。昨日は河合のところで潰せてたし、奈良君が凄い落ち着いてたのでディフェンスはまずまずだったけど、攻撃に関しては、前田のところを潰されると手の内なくなっちゃうので、パターンを増やしたいところ。セットプレーも高さがそんなにないので工夫したい。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
サッカースカウティングレポート 超一流の分析
posted by dekasan at 13:29| Comment(0) | コンサドーレ札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。