2011年12月19日

「唯一無比で異質」FIFAクラブW杯 ジャパン 2011 FCバルセロナvsサントスFC(4-0)

異質といえば、かってルイス・ファンハールが率いたアヤックス。超攻撃的な3-4-3でACミランをど突き倒してCLを制した。1ボランチで後3枚だから一気にピンチになることも多かったが、あくまで攻撃主体。3トップは両サイドにオフェルマウスとフィニディというウインガーを置いて、中に高さと足元のテクニックがあるクライファートという編成だった。

だが、この日のバルサは前が、イニエスタ・メッシ・セスクという冗談みたいなちびっ子編成。かってのアヤックスがサイド重視だったが、バルサの場合はポゼッション重視。ボールを失った瞬間に一番ボールに近い選手が縦を切ってロングボールを封じて、後方の選手がパスコースを限定させてブロックを作る。攻撃は無駄なパスも多いが無理なパスはほとんどしない。

さて、そんなバルサ相手にサントスはアウベス封じに3-5-2にしてベテランのDFをあててきた。それでどうにかなるものでもないが、4バックだと左サイドを崩されると左にずれて中が薄くなるので、ボランチがカバーに入るとかいちいちしなきゃならないんで、これはこれでよいのかもしれない。まあ、どっちみち柏相手にポゼッションで負けていたのでどうもならんかったけどね。

ゲームを支配していて最後のところで決められる複数の選択肢がバルサにはあるということで、それが柏との違いなんだよなぁ。

しかしバルサ相手だともうサイドはほぉっておいて中だけ8枚でがっちり固めて、2枚のウイングに高速カウンターしかないのかもしれないなぁ。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
FCバルセロナの人材育成術

タグ:バルセロナ
posted by dekasan at 15:07| Comment(0) | FIFAクラブW杯 ジャパン 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。