2011年12月15日

「役者不足に敗れる」FIFAクラブW杯 ジャパン 2011 柏レイソルvsサントスFC(1-3)

点差ほど差はない試合だったと思う。昨日のサントスなら勝てるチャンスはあった。
結局はバイタルエリアに入ってからの決定力。

チート気味の足裏トラップからの切りかえしからの利き足でない方の正確なシュート。
エラーノOUTで無回転FKが飛んでこないと思いきやダニーロのありえへんコースのFK。

後半、柏はキタジを中にはらせて、相手1ボランチの横にワグネルとレアンドロが両方でひっぱって真ん中に基点をつくって、そこからサイドに展開という攻めが効果的だったが、最後の一工夫と役者不足。

基本、サントスはのらりくらりの省エネサッカー。ボランチまではボール持たせてくれるけど、そこから食いついてこないので柏は苦しかったと思う。大谷と栗澤は相手を潰すためにあまり攻め上がることはなく、ここでボールを奪取してサイドに展開というのがパターン。主にカウンター潰しに専念で、ここでFWまでスルーパスを出せる選手がいるとまた違うのだが・・・・・。

さて、ネイマールの印象だが、ポジショニングや守備の指示は与えられていないのだと思う。左サイドだけでなく右にも真ん中にもスペースあるなしに関わらず動いていた。ちょっと自由過ぎるのでどうかな?必ず相手から一番遠い位置にボールおいてもらう動きは凄いが、ボールもらってなんぼでスペース作るとか、周りを活かすタイプじゃないので、テクニックに極端に寄ったフッキみたいなもんかもしれない。それにしても利き足じゃなくてもあのシュートはゲームなみ。

柏は3位決定戦でなきゃだめなのね。レアンドロ抜きで厳しいと思うけどアルサッドには負けないでほしい。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
posted by dekasan at 13:06| Comment(0) | FIFAクラブW杯 ジャパン 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。