2010年07月08日

「スペインに勝つには飛び道具」スペインvsドイツ(1-0)

・「メッシのいないバルサ」にはF・トーレスが不可欠なのだが、さすがにデルボスケは先発にペドロを起用。トーレスはまだ本調子にないなぁ。

・ドイツはいまいち消極的・・・・というか、ドイツのカウンターだけは許しません!という感じで縦のコースを切るスペイン。ブスケッツが下がり気味で代わりにセルヒオ・ラモスが滅茶苦茶高い位置をとっているため、ドイツの左サイドが死んでいた。

・これにドイツの守備が混乱。たびたび2ラインが1ラインに間延びして、シャビ・アロンソにミドルを打たれる。

・スペインのこのパスワークに加え、カウンター防止策&危なくなる一歩手前でファウルで一旦クローズさせるというスキルが凄すぎ。

・やはりスペインは1トップがよい。そもそもターゲットマンがいないのだから中盤を厚くした方がカウンター防止という意味ではよかった。

というわけであのドイツでもどうにもお手上げって感じな試合でした。

スペインに勝つにはやはり「強力な個」が必要ですかね。

オランダらしくないオランダですが、飛び道具ロッペン次第って感じかなぁ。

スペイン相手には、キレイに繋いでカウンターよりも、単純に裏にポコって蹴って競わせる方が有効だったりするんですが・・・・。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
posted by dekasan at 10:50| Comment(0) | 南アフリカワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。