2010年06月27日

デンマーク戦を振り返る

なんかデサイーとかコスタクルタとかボバンが日本絶賛で「いやーそうでもないっすよ」とデヘデヘ状態なんで、金子達仁とか杉山茂樹が不思議コラムを書いてもなぜか腹も立たず余裕ですw

で、昨日NHK-BSでデンマーク戦をやってたんで再度観なおしてみました。

・オルセンの奇襲(ポジションチェンジ&ロングボール)に対してサイドバックが全然あがれなくなり、「こりゃいかん」と遠藤と阿部のポジションをひとつ下げたのは、選手で考えたのか岡ちゃんの支持なのかわからんけど偉かった。
・ちなみに先日「普通にデンマーク」と書いたけど、日本を舐めてかかってこない相手という意味で全然システムは普通じゃなかった。ヨーゲンセンまで出して前ががりでまるで特攻。
・でも、一度下がったことで少し落ち着いた。こうなるとポジションチェンジされてもマーク受け渡せばOK。
・左サイドが穴ということでここを中心に攻めてファウルもらってFKに繋がった。ヨーゲンセンの守備が甘くて大助かり。川島なんかゴールキックここばっかり蹴ってたね。
・でかいラーセンが出てきて、ちょっと引きすぎに。するとバイタルが開いてちょっと危なかった。オシムの言うとおり下がりすぎだ。
・3バックにして前線に電柱4枚並べてきたけど、これで本田と松井・大久保は逆に助かった。本田はボールキープしやすくなり、松井と大久保もフォロー。
・このタイミングでもし石川が出てたらカウンターでずたずたに出来たぐらい中盤が開いてた。
・で3点目。ちなみに本田がフェイントでかわしたのはロンメダールw
なれない3バックごっつぁんです。

で、オルセンの奇策が仇になった感じで助かった。まあ夏の大会だったらもたなかったかもしれないけどね。

今日は日曜だしこんなもんで明日はパラグアイ戦の展望を。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
posted by dekasan at 18:02| Comment(0) | 南アフリカワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。